仲介手数料は無料でなく、上限を払うべき?

仲介手数料は、結構な金額に上ります。例えば1000万円のマンションを買う場合は36万円。もちろん、額が上がれば上がるほど仲介手数料も高額に。できれば支払いたくないと考えるのが普通でしょう。では、少しでも安くしてもらうことは出来るのでしょうか。また、支払う場合と支払わない場合では、不動産会社の対応などに違いが生まれるのでしょうか。

上限を払うことで、メリットはあるのか

仲介手数料とは、物件の売買が成立した時に不動産会社に支払う成功報酬を指します。細かい計算式は複雑になるので省きますが、物件価格の3%プラス6万円が上限と決められています。「上限」と言うことは、もちろんそれ以下の金額であっても良いわけですが、不動産会社は少しでも利益を上げたいため、多くの不動産会社が上限をお客さんに提示してきます。では、上限を払うことでメリットはあるのでしょうか。これはあくまで私見ですが、やはり上限を支払った方が不動産会社が「優遇」してくれる気がします。

例えば、以前仲介したAさんとBさんが、偶然にも同時期に売却を考えたとします。そしてAさんは以前の取引の時に気持ちよく上限の手数料を払ってくれました。しかしBさんは「払うつもりはない」と強硬に支払を拒否し、結局営業マンが根負けして仲介手数料をもらうことは出来ませんでした。このとき、もしあなたが営業マンだったら、どちらのお客さんの売却を優先したくなるでしょうか。もちろん、どちらも大切なお客さんであることに変わりはないのですが、営業マンも人の子です。気持ちよく仲介手数料を支払ってくれたAさんの方の売却活動に力を入れたくなるでしょう。そしてBさんの方は、どことなく適当に売却活動を行わないとも限らないのです。

本来、このようなことがあってはいけないのですが、やはり心情的には分かる気がします。今お話ししたのはあくまで一例ですが、他にも新築マンションを値引きしてくれる可能性があるなど、いろいろなメリットがある気がします。やはり仲介手数料は不動産会社の言う額を払った方が後々お得だと言えるのではないでしょうか。もちろん、仲介手数料の上限を支払わなくても、罪に問われるなどといったことはないのですが。

仲介手数料は少しでも値引きをした方が良いのか

では、「仲介手数料は払うけれど、上限は払いたくない」という場合はどうすれば良いのでしょうか。確かにばかにできない金額ですから、そう思いたくなる気持ちはよく分かります。ここは思い切って値引き交渉をした方が良いのでしょうか。確かに、仲介手数料は上限が決められているだけで、下限は決められていません。極端な話、1000円でも良いわけです。しかし、先ほどもお話ししたように、仲介手数料に固執して営業マンにマイナスイメージを持たれる恐れがあります。売却活動に力を入れてもらえなかったり、必要な情報を教えてもらえなかったりしたら、とても困りますよね。

では、どうすれば良いのでしょうか。ここでご提案したいのは、仲介手数料を値切るよりも、物件価格を値切る方がずっと賢明だということです。考えてみたら、仲介手数料は高額とは言え、物件価格の方がずっと高額です。例えば3000万円の家を買う場合の仲介手数料は96万円。もし96万円を値切って半額にしてもらったとしてもおよそ50万円の節約にしかなりません。しかし、もしこの物件を1割引きしてくれたら。たった1割でも300万円もお得になるのです。300万円浮けば、そのお金で新しいエアコンや家具、カーテンなどを購入することもできます。

家を買った後は何かとものいりですから、300万円ものお金が浮くのはとても助かります。ですから、仲介手数料を値切るよりも、気持ちよく支払っておいて、後から物件価格の値引きを交渉する方が結局のところお得だという訳です。もちろん、仲介手数料と物件価格の両方を値切れれば、それに越したことはないのですが、よほど値引き交渉に自信がない限り難しいと思われます。

不動産と事前に相談してから、払うかどうか決めよう

最後に、仲介手数料についてはそれぞれの不動産会社を良く調べておくことが大切です。もし、手数料についての説明が何もないような不動産会社であれば、こちらから「仲介手数料はどうなっていますか」と遠慮なく質問してみましょう。「何も説明がないから、支払わなくていいんだ」と思い込んでしまうと、後々トラブルになる可能性があります。また、できれば仲介手数料については最初に訪問した時にはっきりさせておくようにしましょう。

そして、不動産会社と相談して、支払うかどうかを決めるのがおすすめです。もしどうしても支払いたくない場合は、最初にその旨を伝えておくことです。また、そういう場合は仲介手数料無料、あるいは半額の不動産会社に依頼する方が良いでしょう。ただ、仲介手数料無料の不動産会社はたくさんありますが、手数料以外の名目で余分な費用を後から請求されるなどという場合もあるようですから、ご注意ください。というのも、不動産トラブルの中で仲介手数料に関するトラブルが非常に多いからです。不動産会社ともめたり、弁護士を立てて争うなどと言うことになってしまったら、せっかくの楽しい不動産売買が台無しになってしまいます。もし「直接不動産会社の人には相談しにくい」というのであれば、ネットの無料アプリなどを使って専門家に相談してみてもいいかもしれません。

大切なことは、仲介手数料を支払うかどうか、金額はいくらかなどを、不動産会社も買主、売主もきちんと合意しておくことです。最後に、仲介手数料というのはあくまでも売買が成立した時点で発生するお金ですから、売れなかった、あるいはローンが通らずに買えなかったという場合はもちろん支払う必要はないことを付け加えておきます。

まとめ

仲介手数料に関するトラブルは後を絶ちません。そしてその原因は多くの場合不動産会社にあるのですが、私たちにも責任がないとは言い切れません。仲介手数料の意味や金額についてしっかりと把握しておけば防げるトラブルだったかもしれないからです。これから不動産売買を考えている方が、不要なトラブルに巻き込まれないように、お祈りしています。