仲介手数料は簡単に無料にならない理由

仲介手数料というのは決してばかにできない金額です。そうでなくても住宅の売買にはいろいろなお金がかかるもの。「できれば仲介手数料無料にしてほしい!」と考えるのも無理はありません。思い切って不動産会社に交渉したのですが、見事に失敗!仲介手数料はそう簡単には無料にならないのです。仲介手数料が無料にならないのはなぜなのでしょうか。そこには、不動産会社の裏事情があるようです。

上限を取ることが当たり前になっているから

仲介手数料が無料にならない理由の一つとして、上限を売主、買主からもらうことが習慣化しているという不動産業界の実情があります。仲介手数料は法律で上限が決められており、それは物件価格×3%プラス6万円となっています。例えば、3000万円の物件ならば仲介手数料は96万円になります。売主と買主双方からもらえれば手数料は192万円にも上ります。これは不動産会社にとっては、大きな収入源です。おいしい商売といったところでしょうか。法律で決められているのは、上限だけで下限はないのですから、私たちからすればもっと下げてくれてもよさそうなものをと思ってしまいます。

しかし、売買を成立させるためには、不動産会社もそれなりの時間やコストをかけている訳ですし、法律は守っているわけですから違法ではありません。最近は「仲介手数料無料」をうたっている不動産会社も多いですが、実は仲介手数料を無料にしてもらえるのは買主だけで、売主からはしっかりと頂いているという場合がほとんどです。先ほどの例で言えば、96万円しか得られないことになりますが、仲介手数料無料とアピールすれば多くのお客さんが来てくれる可能性があるので、結局は購入希望者が増えて、利益が増えるわけですから、あながち損だとは言えないのです。ところで、宅地建物取引業法が施行された昭和27年以降から仲介手数料という概念が生まれたようです。

それまでは悪徳業者も横行し、契約したお客さんに法外な手数料を要求することも多かったようです。そのような酷い時代と比べたら、業界全体のイメージも改善されていますし、仲介手数料の上限が決められているのは、私たちを守るためと言えるのかもしれません。

囲い込みを行っている不動産会社があるから

次に仲介手数料が無料にならない理由の一つとして挙げられるのが、不動産会社の「囲い込み」でという行為です。囲い込みとは、お客さんを自社で囲い込んで、他に渡さないという違法行為です。例えば、あるお客さんがA社に家の売却を依頼したとします。A社はそのお客さんから仲介手数料をもらいたいがために、他の会社から問い合わせがあっても「買手が見つかりました。」などと嘘の報告をして、お客さんを渡そうとしません。その結果、物件がいつまでも売れ残ってしまう恐れがあります。

しかしお客さんは素人ですから、囲い込みのことなど全く分かりません。いつまでも物件が売れないのは、価格が高すぎるからかもしれないと不安になり、A社の言いなりになってどんどん値引きをしてしまいます。また、レインズという物件を閲覧できるサイトに登録されているはずのその物件が、なぜか売り出し中止になっています。これも実はA社の仕業。他の業者が閲覧しても、あたかも売り出しがストップしているように見せかけているのです。「できるだけ早く、高く売りたい」という望みや、A社を信頼して売却を依頼したお客さんの気持ちを踏みにじる、このような行為は到底許されるものではありません。

しかし、残念なことにいまだに囲い込みをする不動産会社があるようです。そして、その会社は何が何でも仲介手数料をもらおうと躍起になってこのような行為に及ぶと考えられます。当然囲い込みは違法行為で、宅建業法にも抵触します。そして、売主が損害を被ったと証明された場合には、その不動産会社には賠償責任が生じます。このような不動産業界の悪しき習慣は、一刻も早くなくなってくれることを願ってやみません。

土地や建物が売れなくなってきているから

最後に挙げられるのは、土地や建物が売れないという現代ならではの事情があります。今から30年前のバブル期は不動産業界に限ったことではありませんが、とにかく消費者の購買意欲が活発で、まれに見る好景気でした。目玉が飛び出るような高額な不動産も飛ぶように売れていきました。東京の都心の狭い中古マンションに数億円の値段が付き、それがすぐに売れてしまうという、今ではとても考えられない時代でした。不動産を転売しては利益を得る、業者顔負けの一般人もたくさんいました。

しかし、バブルが崩壊しそれ以降日本の景気はまだまだ回復していません。アベノミクス効果と言われますが、その恩恵を受けているのは一部の富裕層や政界、財界の上層部の人間だけでしょう。「衣食住」という言葉がありますが、不景気の時代に売れるのは「食」ぐらいではないでしょうか。食べ物を食べなければ生きていけませんから、不景気の時代であっても消費者はスーパーに行き、食材を買い求めます。しかし、「衣」や「住」はなくても生きていけます。安いファストファッションの服を買い、賃貸住宅に住んでいても生活はできます。特に不動産は高額ですから、そうそう簡単に売れるものではありません。そこで、何とか生き残っていくために、不動産会社もあの手この手でお客さんを獲得しようとしています。

そして、仲介手数料も大切な売り上げなので、無料にはしたくないのです。この傾向はこれからもしばらく続くことでしょう。オリンピックが開催される年には、ある程度景気は上向いて、不動産売買も活性化するかもしれませんが、それがどれくらいの期間続くのかは誰も分かりません。このように考えてくると、苦境に立たされている不動産業界が、ちょっとかわいそうに思えてきます。

まとめ

仲介手数料が簡単には無料にならない理由がお分かりいただけましたか。囲い込みに関しては絶対に許される行為ではありませんが、不動産が売れないこの時代、不動産業界も生き残りをかけて必死に戦っているのですね。そう考えると、仲介手数料というものも、あながち胡散臭いとは言えない気がします。もちろん、無料にしてくれるに越したことはありませんが、余裕があれば気持ちよく支払ってあげたいとも思います。