不動産売買で仲介手数料が無料になる条件

売主である場合、仲介手数料が無料になるのでよりお得に物件売買が実現できます。他にも不動産では代理、仲介という立場があり、それぞれ様々な役割を持っているのです。ここでは売主に特化した紹介を行っています。ちなみに仲介手数料無料ということ以外に、売主のメリットとして挙げられるのが融資対策です。

所有している資産を減らさずに現金を手に入れたいという場合には最適ですし、融資のように貸渋りもありませんので、新規事業を立ち上げるときにもよいといえるでしょう。不動産で売買する際に、必ず確認するのがベストです。

売買に対する不動産の立場はいろいろな形態がある

不動産と実際に売買をする場合、すでに決まったマニュアルだけではなく、ケースバイケースで対応しているという事実を知っている方は多くありません。例えば自身が所有している物件や土地、建物を売却する際には売主と呼ばれます。売主は業者へ依頼をかけ物件取引を行うのですが、中には直接取引といって業者を介さずに取引をするケースもあるようです。その場合は何も仲介していないので、当然手数料が発生することはありません。取引の際にこの形式である物件は、すぐに売買されてしまうともいわれるほど、支持を得ているようで取引の際に見つけたらまずはアポを取るという方もいます。

そして続いての形式は代理と呼ばれ、売主に変わり仲介役となって買主と物件取引を行ってくれます。この場合は売り手、買い手両方の仲介を同じ企業が勤めていることがありますので、中立的な立場でサポートしながら、両方に手数料が発生することがあります。よって値引き交渉によって減額、または無料にしてもらうことができるのです。

そして最後に紹介するのが仲介としての立場です。これは売主と買主の間に1社ずつ仲介役を設定することで売買を円滑にしてくれます。この形式に関しても仲介手数料が発生する場合が多いといわれていました。しかし近年では手数料を無料にしてくれる不動産も存在するようですが、取引の際はどの立場で売買をしてくれるのか確認する必要があります。取引といっても立場によって発生する費用の有無や、流れが全く異なるといっても過言ではありません。売主として取引をするなら、仲介手数料発生の可能性がありますので、注意深く確認する必要があるでしょう。また代理、仲介の際も間にどのくらいの企業が入っているのか確認するべきです。

不動産が売り主の場合は仲介手数料が無料に

物件を売買する場合、不動産がどういった立場であるのかを注意することで、よりお得に取引をすることができます。手数料の面で考えるとお勧めは企業が売主のとき。この場合は仲介手数料が無料であることがほとんどなので、コストカットに貢献してくれます。仮に無料でなくとも値引き交渉に応じてくれるケースが多く、もっとも取引がスムーズだといっても過言ではありません。取引の際にその旨を伝えてくれる不動産がほとんどですが、中にはそれを明らかにしてくれないこともありますので、事前に確認するとよりスムーズに売買できるでしょう。

ちなみに売主である場合、買主から仲介手数料をいただいていることになりますので、不動産業者のモチベーションが下がったり、手続きを自分でしなければならなくなったりと、今後の取引に大きな影響を与えることはありませんので、ご安心いただければとおもいます。但し、不動産企業によっては、ある程度の情報を自身で集める必要性もありますので、すべて業者へ投げるのではなく自身が取引する物件は、どのような形式で売買されるのかを調べておくべきだとおもいます。

そしてもうひとつ、企業に丸投げするのをお勧めできない理由としてこちらの意思に反して取引形態を変更し、企業側に利益があるようにするということが挙げられます。企業と信頼関係を築いていれば問題はないとおもいますが、不動産を大きなお金が動く場所でもありますので状況を把握しておくことが大切です。これらを肝に銘じながら取引をしていただければ大きなリスクに晒されることはないと考えられます。初めての試みで心配という場合は、事前に知識を蓄え、専門家へ相談の上で問題がないか判断するとよいですね。

不動産の売買の時には売り主に注目してみよう

まず、取引をする場合には、売主に注目しましょう。これが不動産を通じて売買する際のキモになります。いくつもある企業の中から、それを絞るだけでもかなり数を減らすことができますし、中には事前に仕組みを紹介してくれている企業や、売主専門で取引を持ちかけているところもあります。

ちなみに売主の場合、仲介手数料が無料になる以外にメリットはあるのでしょうか?例えば現金や手元にある資産をできるだけ減らすことなく、物件を売却した金額だけで新たな物件を購入できるという見方があります。新規事業の立ち上げや、今すぐにまとまった資金が必要だという場合は心強いのではないでしょうか。また仲介手数料相当分が物件の価格として見込まれているので、融資を受ける際にもメリットがあるといわれています。手数料を無料にすることは重要ですが、それ以外にも様々なメリットがありますので、不動産を利用して売買する場合には必ず確認しておくべきではないでしょうか。

ちなみに物件取引をする際に、担当者はこれらの情報を必ず提示しなければならないという決まりがありますが、質の良くない業者の中にはそれを明らかにせず、契約が成立した時点で都合の良いように金銭を上乗せする場合もあるようです。そのため、事前説明をしっかり受け、理解した上で取引をするべきです。いくら価格が安い、手数料無料といってもサポートが悪いと意味がありませんし、トラブルの元になりかねません。信頼性のある業者であること、そして説明や費用に関してクリアであることが、取引をするにあたって最もトラブルなく遂行できるといえるでしょう。企業は1社だけではなく、複数あたるのを良しとする理由はこのような状況があるためなのです。

まとめ

売主、仲介、代理と様々な立場となる不動産。売主であれば仲介手数料を無料にできる可能性が高く、融資対策としても利用できます。これらを考えても立場を確認する重要性がわかるのではないでしょうか。ちなみに不動産側で立場を公開していることもありますので、それを確認しながら売買を依頼してもよいですし、事前に相談して決めるのもよいですね。もちろん相談は無料で承っているようですので仲介手数料だけではなく、不明点はしっかりと潰して、実際の売買で迷うことがないようにしたいものです。