仲介手数料無料の業者を使うことによるデメリットはあるのか?

よく、「タダより恐いものはない」と言います。いくら安く済ませたいと言っても、仲介手数料が無料になることで他の手続きやサービスに不都合が生じたり、本当は悪質な業者だったりということはないのでしょうか。

確かに後から気付いても取り返しが付きません。仲介手数料が無料になることで発生するデメリットや、自らが気を付けなければいけない点はあるのかなどを詳しく見ていきましょう。

無料になることによるデメリットはない

結論から言ってしまうと、仲介手数料を無料にすることで客側に発生するデメリットはひとつもありません。

前述でも何度か説明している通り、手数料を無料にするには、不動産会社の様々な努力があってこそ実現しているのであって、業者側にとっては大変なことであっても、客の立場からすれば何一つ不都合なことや損をすることはないのです。人件費を削減したり、広告料を節約したり、常日頃の諸経費を削減しながらも、他社に負けないようにと日々奮闘しながら、不動産会社は仲介手数料を無料にすることを実現しています。まさに努力の賜物なのです。業者からすれば、売主と買主の両方から手数料をもらえた方が都合が良いに決まっています。ですが、今は手数料をサービスできることを知っている客も多いため、強気で請求しようものなら簡単に他社に取られてしまいます。顧客を失うよりは実績件数を伸ばす方が大切なのです。

このように、客が逃げていかないように、不動産会社では様々なサービスを提供しています。とにかく他社に取られてしまうことが業者側にとっては一番のデメリットですので、仲介手数料が無料になったからと言ってサービス提供を怠ったり、手続きを疎かにするということもまずあり得ません。そもそも、不動産売買の契約成立に至るまでの手続きやサポートは、不動産会社が行うべき義務として定められているのです。最低限の業務は全うする義務があるため、客側が特別に嫌な思いをすることも少ないと言っていいでしょう。

不動産会社にとっては、仲介手数料を無料にすることは痛手かもしれませんが、客としての立場で損をすること、デメリットを感じることはほぼありませんので、安心して利用してください。

仲介手数料無料という言葉だけに惹かれないように注意

仲介手数料はどのくらい掛かるのでしょうか。物件の価格によって変動しますし、計算式も価格によって変わってくるのですが、平均として物件価格の約3%に消費税をプラスした金額が仲介手数料になります。物件は数千万以上するものが普通ですし、特に物件価格の高い東京では億を超えるものも珍しくはありません。そんな高額から計算する3%ですから、決して安くはない金額です。もし値引きしてくれたり、無料になれば他の住宅ローンや引越し費用などに回せますし、いくらかでも節約になることは誰もが嬉しく感じるでしょう。
しかし、仲介手数料が無料であるという言葉だけで簡単に不動産会社を決めてしまうことはおすすめできません。無料であることのデメリットは客側にはほぼない、ということを先程も説明しましたが、時には良くない業者につかまってしまうこともあるため、注意が必要だからです。タダにしてくれる代わりに別の名目で何らかの手数料を請求される場合もありますし、優先的に対応してもらえないなどの無茶な条件を出される場合があります。信頼できる会社であるか、よく吟味した上で決めることをおすすめします。
また、客側から手数料の値引き交渉や無料にしてほしい旨を自ら伝えた場合、「他社に移らないこと」を条件に、縛りつけてくる業者もいます。不動産契約には、他社と比較が可能な一般媒介、一社としか契約できない専任媒介、専属専任媒介の3種類があります。業者としては他社に取られないよう専任か専属専任で契約してもらいたいのが本音です。手数料がタダであれば客が逃げないことを逆手に取って、そのような条件を出される可能性もあります。
手数料が無料であっても即決せずに、交換条件はあるのか、不都合なことは生じるのかを最初の段階で遠慮せず確認するようにしましょう。

安いから良い業者というわけではないことを忘れずに

手数料が安いからと言って必ずしもその会社が優良である、というわけではありません。前述のように交換条件を提示されることも十分にあり得るのです。では、良い業者かどうかは、どのようにして見極めればいいのでしょうか。

まず一つ目は、簡単にできるネットでのチェックです。ホームページにて資格の有無を確認し、企業理念や業績がしっかりしているかをチェックしてみましょう。お客様の声や口コミをチェックすることも大切です。

次は不動産ポータルサイトに登録しているか、スマホアプリはあるか、などもチェックしてみてください。ポータルサイトに物件情報を載せていたり、スマホでも検索できるアプリを作っている会社であれば、現代のモバイル化に沿ったサービスを提供している証拠であり、会社全体のサービス品質が高いことが期待できます。

とりあえずネットで以上の点を確認してみて、問題がないと感じたら見積もりなどの相談に伺ってみましょう。その際に疑問に思っていることや不安に感じていることはすぐ質問するようにしましょう。そのレスポンスの早さ、回答の内容も良い会社かどうかを判断する大切な材料になります。そこまで問題がなければ、実際に契約をしたと仮定して、もう少し踏み込んだ質問もしてみましょう。例えば、値引き交渉などはどの程度してもらえるのか、住宅ローンを組む際はどこまでサポートしてもらえるのかなど、その2点の対応の仕方も企業の質を見極める重要なポイントになります。

東京都内は割と対応もサービスの質も良い不動産業者が多いと聞きますが、中には実績が少なかったり知識の浅い社員しかいなかったり、悪質とまではいかなくても満足度の低い会社は存在します。不動産は生涯で最も高い買い物ですので、業者選びはより慎重になって決めるようにしましょう。

まとめ

不動産業者を選ぶ際には、仲介手数料のサービス内容も重要ですが、他にも確認すべきポイントはたくさんあります。いくら手数料が無料になっても、他の部分で嫌な思いをしたり損をしてしまっては意味がありません。契約するまでは何社にでも見積もりを依頼することが可能です。焦らずにじっくり、合う業者さんを選ぶようにしましょう。