マンションの売買価格…相場はいくら?

中古マンションを賢く購入したいと思っても、適正価格がわからなければ判断ができません。新築物件なら広さと内装により一定の価格が見えてきますが、中古物件では様々な条件で価格が変化するので、それが高いのか、低いのかは一概にいえません。基準となる価格を知らなければ、損をしてしまうかもしれません。でも、変動する価格相場を的確に掴むには、どうしたら良いのでしょう。そもそも、相場はどうやって決まっているのでしょうか。

売買価格の相場を知るにはどうしたらいい?

まったく同じ条件の不動産物件は存在しないため、一定の価格がありません。中古マンションでは、方位、階数、広さ、間取り、使用状況などで、隣同士の部屋でも同じ金額にはなりません。このように金額の見極めが難しいため、金額の相場が存在します。不動産会社で質問すればすぐにわかりますし、インターネットの不動産サイトでは、希望条件により相場を表示するサービスなどがあります。

購入を考えているエリアの不動産会社が掲げる物件を見るだけでも、ある程度の相場を見ることができます。曖昧な金額だからこそ、多くの物件を見て、サイトを覗いて、そこから見えてくる金額が、妥当なラインだといえます。一つの会社やサイトに偏らず、多くの情報を集めて吟味しましょう。

売買価格が決まる基準とは

そもそも、売買価格はどのように決まるのでしょうか。基本的には売り主の希望金額と、不動産会社が提示する評価額を突き合わせ、妥当な金額で折り合いをつけます。売り主側は、可能な限り高い金額で売りたいのは当たり前ですが、高くては買い手がつきません。そこで不動産会社は、相場と物件の状況を査定し、その物件の評価額を割り出します。評価の基準は、築年数、立地、広さ、管理状態により変化します。

古い物件でも、環境が良い・駅が近いなど立地条件が良ければ高額になりますし、管理会社の信頼度も大きなポイントです。最近では耐震性や地盤の状態、外壁の補修工事や共用部分の改装、内装のリノベーションががいつ行われたかによっても、評価額が大きく変わります。

様々な物件を見て、価格の相場を知っておこう

より的確な相場を知るには、多くの物件をチェックするのが一番です。まずはインターネットの物件を検索できるサイトで、様々な物件を見て、どんどん情報を仕入れていきましょう。例えば検索で表示された物件の金額を、購入を考えているエリアの地図に記入していくだけでも、今のリアルな相場がひと目でわかるようになります。予算金額と照らし合わせながら、どの条件を優先して、どの部分を妥協するかを考えてください。

築年数を重視するなら駅から遠い場所で探す、永住なら環境を優先する、家族が増えるなら間取りや広さを確保するなど、希望条件を絞っていけば、内見する価値のある物件が残ります。一生を左右する大きな買い物ですから、慎重に情報収集をしましょう。

まとめ

マンションの価格は、様々な部分で大きく変化します。その決定には必ず相場が関わっており、「掘り出し物」のような安くて条件の良い物件は、ほぼ存在しないといって良いでしょう。高い物件には高い理由があり、安い物件には安い理由があります。その理由を見極めるためにも、相場を知ることは、物件を探す上で重要なポイントです。情報を集めれば集めるほど精度が上がっていくので、多くの情報を様々な角度から比較してみてください。