仲介手数料、無料や値引き交渉は可能?

一般的に仲介手数料というのは不動産で決められており、それを値引き交渉することは不可だといわれていました。しかしそれは事実でしょうか?実のところを言うとコツや仕組みを熟知すれば手数料を値引き、または無料にすることができます。その手法について説明していきます。また、無理に値引き交渉をすることでどのような影響が生じるのか、不動産へ仲介手数料を無料にしてほしいと申し出るタイミングについても紹介しています。

仲介手数料の流れや仕組みをおさらい

手数料を無料にしたい、または値引きしたい。そう考えるのは簡単ですが、何から知ってどうアクションを起こしていけばよいのでしょうか。なんの知識のない状態で値引き交渉をしても意味がありません。まずは仲介手数料とは何か?その仕組みを知ることが重要です。仲介手数料というのは、簡単にいうと取引主が不動産へ支払う費用のことを指します。この手数料は宅建取引業法によって定められおり、取引価格によって上限がありますので、企業で勝手に料金設定をしていい訳ではないのです。この金額を超えて請求すると、宅地建物取引業法違反とみなされることもあるのです。

ちなみに取引時の売主であれば基本的に手数料を支払うことは少なく、払うとしても割引、あるいは無料であることがほとんどです。しかし購入する場合は値引き交渉をしないと、満額支払いを要求されるケースが多いといわれています。不動産側が仲介や手続きを行ってくれるので、手数料が必要…簡単にいえばその費用が仲介料という訳なのです。ざっくり説明させていただきましたが、これらを知っておくだけでも取引の際、ずいぶん余裕がでてくるのではないでしょうか。

またこの仕組みや一連の流れを知ることで、自分の立場を把握し、よりお得に売買ができるといわれています。不動産によってはこれらを事前に説明してくれるので、不明点があればどんどん質問し、納得のいくまで確認をする必要があります。中にはウェブ上にその旨を公開している不動産企業やメールや電話相談、資料送付をしてくれるケースもありますので、参考にするとよいですね。仲介手数料を無料にしたいとおもうのなら、立場を確認の上、値引き交渉が可能か確認しましょう。

仲介手数料の値引きを要求しても良い?

仲介手数料について理解したら、あとは値引き交渉をしましょう。しかし周りに意見と求めたところ、自分から進んで交渉をしたという人の話は中々いないと思います。自分が取引をするケースで値引き交渉をするのは問題ないのでしょうか。売買をするにあたってできる限り、無駄な出費を抑えたいことは理解できますが、交渉は必ずしもお得になるということではなく、状況によっては交渉をすることで損をすることもあるのです。不動産にとって仲介手数料というのは報酬の一部になり、大きな利益ともいわれています。無理に値引き交渉することで、業者のモチベーションが下がることにつながるのです。

では、モチベーションが下がると何が起きるのでしょうか。本来不動産側でやるべき業務や手続きをしてくれない可能性が挙げられます。または売却費用を手にするまで時間がかかってしまったり、物件の宣伝や広告活動を積極的にしてくれないので、適正価格で物件が売れず価値が下がってしまったり、それによって売却したい物件が相場より安くなってしまったりなど、結果的に損をしてしまうのです。そうならないためにも「無料で無いと取引はしない!絶対に要求を通したい。」といったような無理な値引き交渉はせず、不動産と信頼関係を作った上で「無料にしてくれるとお互いにメリットがある。」とやんわりと伝えるのがベターだといえます。

仮に交渉中に不動産側から、ノーという意思が伝わったらすぐに引くことも重要です。物件取引は単なる売り買いではありません。不動産との信頼関係を構築しなければならないので、人間関係を円滑にすることが最も重要だといえるでしょう。近年では値引き交渉OKと謳っているところもありますので、交渉の相談をしながら挑むのも得策ではないでしょうか。

仲介手数料の値引きするタイミングと交渉術とは?

「不動産業者との信頼関係もあるし、そろそろ値引き交渉を持ちかけるタイミングではないか…」と感じた場合、どのように交渉していけば良いのでしょうか。交渉というのはタイミングが非常に重要となり、早すぎても遅すぎても効果的ではありません。不動産業界で交渉を持ちかけるのなら、媒介契約が締結される前に行うのがベストといわれています。前の項目でも説明しましたが、仲介手数料は不動産業者に与えられる報酬ですので、これが無料になってしまうと少なからず不動産企業は、ロスをかぶることになります。ロスがでるのならできる限り早めに知りつつも、契約は逃さないようにします。

これを実現できるのが媒介契約の締結前です。値引き交渉については、謙虚な姿勢でお願いし、引き際を考えながら行うとよいですね。基本的に資産価値の高い物件であれば、ある程度の値引きは可能といわれているので、売買する物件の情報を熟知することも重要だといえます。逆をいうと物件価格が低い場合、不動産はあまり利益を出すことができません。それに合わせて仲介手数料を割引するとなると、企業側としては厳しいといえるでしょう。

ちなみに手数料は物件価格にもよりますが、3~5%となります。交渉をする前に、手数料を算出し不動産が得られるメリットや報酬をピックアップして、それをうまく誘導すれば交渉の大きな武器になるのではないでしょうか。仮にタイミングが少しずれてしまった場合でも、受付してくれる不動産もありますので、あまり気を張らずフランクな状態で問題ありません。値引き交渉を専門に承っている企業もあるようですので、どうしても自分では無理だという場合には頼ってみるのもよいかもしれません。うまく値引きをすれば手数料が無料になるので、試す価値は十分にあります。十分な対策を経て、皆さんの交渉術を発揮できるとよいですね。

まとめ

物件の取引をする際は、自分の立ち位置を把握した上で、値引き交渉を行う必要があります。また仲介手数料は不動産業者の報酬になりますので、かたくなに無料と伝えても不可であるケースがあることを覚えておくとよいでしょう。無理に無料にしてもらったところで、取引する物件が適正価格よりも下回ってしまっては何の意味もありません。また仲介手数料の値引き交渉をする際に最もよいタイミングは媒介契約締結前であり、不動産業者も比較的承ってくれることが多いといわれています。