仲介手数料無料の東京の不動産屋を使うメリットとは?

無料や半額という言葉には誰もが弱いと思います。お得な情報は嬉しいものですが、金額が大きい不動産売買に関しては少し不安に感じる方もいるのではないでしょうか。仲介手数料が無料になることは本当にお得で、具体的にはどんなメリットがあるのでしょうか。不動産売買競争の激戦区である東京の不動産業者を中心に、詳しく調べて紹介していきましょう。

手数料がかからないことで費用の削減になる

まずは、当たり前のことですが仲介手数料が無料になることで他の経費が削減になるというメリットがあります。何を分かり切ったことを、と思う方もいるでしょうが、不動産に関する買い物は人生でそう何度も経験することはないでしょうし、一番高額な買い物であると言えます。仲介手数料の金額は物件の売買金額をもとに計算され、金額の大きさによっても計算方法が変わってくるのですが、だいたい売買金額の5%前後が仲介手数料として徴収されます。売買価格が大きければ大きいほど、当然のことながら手数料も大きくなるのです。

たかが5%と思うかもしれませんが、物件の価格は数百万から数千万、東京であれば億を超えるところも多いでしょう。そんな高額から計算する5%ですから、数百万単位での手数料になることも珍しくありません。そんな仲介手数料が無料になれば、やはりお得感を感じてしまうでしょう。数百万無料になることで、他の諸経費に回すことができますが、やはり一番は住宅ローンがいくらか削減できることではないでしょうか。手数料が浮いた分、頭金へと回すことができ、その結果月々のローン返済額を少なくすることができます。もしくは、返済額はそのままで返済期間を短くするという方法もあります。

どちらにせよ、ローンを組む金額が減りますので、ローン審査の壁も少しは低くなることも事実です。または、その他の初期費用へ充てることも可能です。不動産契約時には事務手数料であったり、登記免許税などの諸々の税金、火災保険料など様々な経費が掛かります。それらの経費に全て回すことも可能です。仲介手数料は意外と大きな金額ですので、無料になることで他の経費負担やローン負担などを思った以上に助けてくれるはずです。

物件自体の品質が良く、安心感がある

もうひとつのメリットは、比較的品質の良い物件にめぐり会えるという点です。仲介手数料が無料の物件は、基本的には再販物件である可能性が非常に高いのです。再販物件とは、過去に一度分譲されたものの、何らかの理由から物件の販売が停止となり、再度販売価格等を調整した上で再販にかけられた物件のことを言います。当初の販売価格が高すぎて長い間売れ残っていたり、間取り等に問題があったりと、販売停止になる理由は様々ですが、その理由に合わせ価格を落としたり、リフォーム業者などが手入れをしたりと、「次こそは売れるように」と手入れをされた再販物件が手数料無料として出回ることが多いのです。

手数料が無料だと聞くと、かなり昔の中古物件ではないかとか、何らかの欠陥がある物件ではないかとか、曰くつきの物件ではないか、などと疑ってしまう方も中にはいるでしょう。しかし、そういった物件が無料になるのではありません。再販物件は欠陥物件でもなければ曰くつき物件でもありませんので、品質等については安心して住んでいただけるものばかりです。リフォーム等が入った後であれば新築同様の快適さがありますし、リフォーム代金は実質販売価格に含まれている形になりますのでお得感もあります。

また、最初の販売価格よりも幾分安くなっている新築物件であれば尚更お得感があるでしょう。ですが、再販物件になってしまった理由は様々です。当時の価格や間取りの問題だけではないかもしれません。念のため、なぜ再販になったのかを業者へ確認してみることも大切です。もしかしたら物件の短所となるような理由が含まれているかもしれませんので、契約を決める前に担当の方へ確認しておきましょう。

誠実で熱心な不動産屋が多い!?

仲介手数料を無料にすることは不動産会社にとっては損なのではないか?なのであまり勧めてこないのではないか?と思う方もいるでしょう。なぜ無料にできるのか、その仕組みは後ほど説明しますが、損か得かは別として手数料がなくとも不動産取引は成立してしまうのです。不動産業者の仕事というものは、物件を紹介するだけで終わりません。物件を購入する、売却するという手続きには、たくさんのお金とたくさんの労力、知恵が必要になってきます。良い点ばかりを挙げてデメリット等を説明しない業者は説明義務違反となるため、その物件のメリット、デメリットを含めた重要事項は必ず説明する義務が不動産業者には課せられています。重要事項を納得してもらった上で物件を気に入ってもらえても、ローン審査という大きな壁もあります。

金融機関とお客様の間に立って手続きを進めるための手助けをし、無事に決済するのを見届けた上で正式に契約に至れるのです。動かす金額も高額なため責任も重大です。基本的には、仲介手数料を無料としてくれる業者は中小規模の不動産屋がほとんどです。大手不動産で見掛けることは少ないかもしれません。地域密着型の不動産会社であったり、大手で不動産関連のノウハウを学んでから独立して起業している不動産会社の場合もあります。不動産売買の仲介業者として経験を積んだ中で、仲介手数料についても勉強し、無料で挑んでいるところがほとんどなのです。

特に競争率の高い東京では、そんな経験を積んだ知識の深い営業マンが数多く存在します。仲介手数料がないからと言って、手続き等を疎かにされるのでは、と不安に思う方もいるでしょうが、実は経験と知識豊富な誠実な業者であることの方が多いのです。

まとめ

仲介手数料を無料にすることで得られるメリットは、金銭的なことだけではなく「良い不動産会社、物件である」という証であるかもしれません。タダより恐いものはない、という言葉もありますが、疑うよりもまずは前向きな姿勢で話を聞いてみてはいかがでしょうか。向こうは重要事項説明の義務もありますので、答えてくれない質問はないはずです。不安なことや疑問点は何でも確認するようにしましょう。