東京の不動産会社はどうやって仲介手数料を決めているのか

不動産業者にとっては、仲介手数料は大事な収入源であり会社の利益へと繋がるものです。そもそも仲介手数料とはどのような仕組みで作られており、金額や仲介手数料無料サービス等を含めてどうやって決められているのでしょうか。改めて仲介手数料の中身について詳しく調べていきましょう。

仲介手数料の仕組みと内訳

東京を中心とした都会の不動産会社では、仲介手数料を値引きしたり無料にしたりというサービスを提供しているところが増えてきています。理由については何度か説明してきていますが、第一はやはり他社との競合に勝つために行っているところがほとんどでしょう。仲介手数料は不動産売買契約が成立した際に、不動産会社が受け取れる成功報酬です。その収入がなければ不動産会社は利益を上げることはできません。ではなぜ値引きをしたり無料にしたりというサービスが可能なのでしょうか。

まず、気を付けなければいけないのは、「仲介手数料無料」と宣伝していても全く収入が0円になるわけではない、ということです。不動産売買が成立するには、まず物件を売りたいという方が不動産会社に依頼するところからスタートします。依頼を受けた会社は、新しい買主を見つけるために広告を出したり、営業に回ったり、売主に変わって物件成約に至るまでの業務を行います。もちろんそれらの仕事は無償ではありません。手数料が無料、もしくは値引が可能なのは買主側の方であって、売主側がサービスを得られることはまずないと思っていた方がいいでしょう。

売主、買主の両方から手数料をもらうことも可能ですし、売主側からのみ支払ってもらうことも可能です。もしくは売主と買主の両方から半額ずつ支払ってもらうというサービスを提供しているところもあります。

不動産会社は、規定に基づいた計算方法で算出した金額内であれば、あとは自由に設定して売主や買主へ請求することができます。支払う立場として気を付けなければいけないことは、上限額の範囲内の金額であるか、そして契約成立という条件のもとで支払ったものであるか、この2点は注意しなければいけません。

なぜ不動産会社に仲介手数料を払わなければならないのか

では次に、仲介手数料を支払う義務があるのかどうかについて考えてみましょう。これまで説明してきたことをまとめると、不動産会社へ支払う仲介手数料とは、不動産売買の契約成立時に支払う成功報酬であり、金額は法律で上限額だけが定められており、上限額を超えなければそれ以下でも無料でも構わない、ということになります。一応、金額こそは法律での定めがありますが、必ず支払わなければならないという決まりはないようです。

不動産会社で行う業務は様々なものがありますが、売買契約に関して言えば売主と買主の間に立つ「媒介業務」が主なものになります。よく、代理業務と勘違いをすることがありますが、不動産会社には契約を締結する権限まではありません。契約を締結するのは売主と買主になりますので、あくまでも契約を取り交わす両者の仲立ちに位置し契約までの流れをスムーズに促す立場にあるのが不動産会社です。ですので、間に不動産業者を介さずに、売主と買主の両者だけで契約をするのであれば、仲介手数料というものは初めから存在しないことになります。ですが、素人同士で不動産売買手続きを進めることは非常に危険です。名義の変更のみならず、権利譲渡や税金関連の手続き、法律に基づいた手続きが必要となるため、どうしてもプロの手が必要になります。

一度でも不動産を売ったり、買った経験がある方であればお分かりかとは思いますが、大きな買い物である分、なかなか思うように進まなかったり、想像以上に手続きが面倒だったり、不明な点や疑問点が多いということが不動産売買ではよくあります。それらを解消してくれて、スムーズに手続きを進めてくれるのが不動産業者です。

支払う義務は法律的にはないかもしれませんが、仲介手数料がなければ不動産売買は成り立たない、と思った方がいいでしょう。

仲介手数料を決めるものは何か

仲介手数料が不動産業者にとって大切なものであること、客の立場を取ってもそのために手続き等もスムーズにできていることはお分かりいただけたと思います。では、なぜ仲介手数料無料や、半額といったサービスが可能なのでしょうか。物件によって手数料は違うのでしょうか。
確かに扱っている全物件が手数料無料、といった会社はまずないでしょう。

物件にも様々なものがあり、建物の状態は良くても駅から遠く近辺の環境もあまり良くないもの、近隣条件は素晴らしいが築年数が古くあまり長持ちしなそうな物件、逆に建物の状態も環境もどちらも良いという物件もあるでしょう。物件には「売れやすい物件」と「売れ残りそうな物件」にどうしても分かれてしまうのです。条件が良ければ良いほど、その物件はすぐ人気が出るでしょうし、何もしなくとも売れる勢いのものも中にはあるでしょう。そういった人気物件であれば、敢えて仲介手数料を無料にする必要はなくなります。

仲介手数料無料のサービスは他社との競合も含めて、その物件にお得感を出させて売りやすくするという目的もあるのです。初めから売れると分かっている物件に対して、最初から過剰なサービスを付加する会社は少ないでしょう。また、売れると見込んでいたにも関わらず、思うように人気が出なかった物件などに対しては、途中からサービスを付帯するというケースもあります。

仲介手数料に関して何らかのサービスが付いている物件は、多少どこかしら条件が悪かったり、何らかの理由で売れ残っている物件である可能性は否定できません。手数料の分が安くなるからといってすぐに飛びつかずに、まずは自分の条件に合った物件かどうかを冷静に判断しなければいけません。

まとめ

不動産契約を成立させるには、様々な労力と知識、お金が必要になります。専門的な知識を提供し、スムーズに手続きを進めてくれたり、アドバイスをしてくれるのが不動産会社の仕事です。仲介手数料には、そんな業者に対しての労い金も含まれています。

もちろん、無料になったり半額になったりというサービスを受けられるのは嬉しいことです。ですが、サービスに固執するあまり大事な物件を逃しては元も子もありません。不動産売買をこれから考えている方は、仲介手数料とは何なのかを正しく理解することも大切な行為です。