新築で家を建てたときに家具にかかる費用を節約する秘訣、教えます

新築の家というものはわくわくするものです。全てが新しくて水回りなども最新式でしょうし、自分好みであればあるほど家具などのインテリアもオシャレに揃えたくなるでしょう。しかし家具を揃えるとなるとかなりの費用が掛かってしまいます。それでなくても物件を購入して大金を使った後ですので、いくらかでも節約したいはずです。賢く家具や必要品を揃える方法を紹介したいと思います。

家具の費用は平均でいくらくらいかかるものなのか?

新築戸建てを購入することは、物件購入の中で最もコストが掛かります。建て売りでもそうですし、注文住宅であれば尚更高くつくでしょう。土地の代金から建物の工事費、材料費、本体だけでなく庭を造ったり外門やガレージなども付けるとなると更なる工事費が掛かります。家というものは少しでも住めば価値が落ちてしまうものなので、中古物件と新築物件では価格に大きな差があるのです。

そんな、コストが最も多く掛かる新築の家に家具を揃えたいとなれば、どのくらいの費用が嵩んでしまうのでしょうか。一概に家具と言っても、その価格はピンからキリまであります。デザイン性や耐久性の良い高級家具から、アウトレットで購入できるような格安のものもあります。ですので、どんな家具を選ぶかによって金額に差は出てきますが、平均すると200万円前後が家具費用の相場だと言われています。では、どのような家具が必要になるのでしょうか。

まず欠かせないのはカーテンです。カーテンは窓の大きさ、その家の窓の枚数によって合わせる必要があります。引越しをすれば必ずと言っていいほど買い替えなくてはいけないアイテムです。外へ光が漏れない造りになっている遮光性カーテン、花粉や紫外線を通さない造りのものなど、カーテンも機能性が高まっています。良いものを選べばそれなりの値段になるでしょう。あとはベッドなどを買い替える方も多くいます。今までは子供たちに2段ベッドを使わせていたが、それぞれの部屋ができたので新しいベッドを、などと考えう方が多いようです。他にもリビングに合わせたソファやテレビボード、ダイニングセットや食器棚など、新たに書斎を造ったご主人であれば新しいパソコン台など、思い付いてしまってはきりがないほどでしょう。

環境の変化に合わせて、全てを買い換える必要はない

誰しもが新しい環境に浮かれて、ついつい家の中をトータルコーディネートしたくなるものです。家が新しくなれば家具や調度品も新調したいと思うのは当然の心理でしょう。ですが、先程の家具相場が200万円と聞いて驚いた方もいるのではないでしょうか。あくまでも相場ですし、高級なものであれば一品で数百万円するものもざらにあります。相場以上になってしまうことも十分に考えられるのです。
家を購入したばかりで頭金にいくらかつぎ込んでしまっているでしょうし、今後は長いローン返済が待っているという方も多いでしょう。大きな買い物をした後というものは、金銭感覚が鈍りがちです。数千万円の家を買ったのだから、数百万円の家具なんて安いものだ、と一時的に感じてしまうのです。ですが、現実を見てください。明らかに以前より減った貯蓄額、数十年毎月支払っていく住宅ローン。本来であれば少しずつでも節約をしてお金を貯めていかなければいけない時期なのです。立派な家を購入したからと言ってお金持ちになったわけではありません。むしろお金は以前より確実に減っているのです。家をトータル的に美しく見せるよりも、本当にいま必要なものなのかをもう一度吟味してみてください。
例えば、先程例に挙げた子供用のベッドです。以前2段ベッドを使っていたのなら、ばらして使用することが可能です。ダイニングセットにしても、以前の家で使っていたものがあれば壊れていない限り使い続けることができるはずです。ソファやテレビボードなどに関しても同様のことが言えます。家が新しくなったからと言って、中身まで無理をして新しくする必要はないのです。本当に必要なものかどうかを見極める必要があります。

金銭感覚をしっかりもって、必要なものをきちんと判断すること

先程も説明したように、不動産購入後は金銭感覚が鈍くなりがちです。食材を選ぶ際は10円単位から節約するはずなのに、金額が大きければ大きいほど大胆になってしまうのは不思議なものです。

家具を新しく買おうと思う前に、今使っている目の前にある家のものをよく見てください。まだ使えるものはたくさんあると思います。もちろん、古くなって使えなくなったものや壊れてしまったものは買い換える必要がありますが、まだ使えるものはそのまま新しい家へ持って行った方が節約になります。どうしてもデザインが合わないのであれば、今はDIYという方法もあります。ホームセンターなどに行けば素人でもキレイに塗れる塗料なども売っていますし、手軽にDIYが楽しめる時代です。

また、もし建て売り住宅ではなく、自分達である程度設計やデザインが可能な住宅構築を検討している場合に限るのですが、建具として家の中に家具を備え付けてもらうという方法もあります。全ての家具というわけにはいきませんが、本棚やテレビボード、収納棚など、予め壁に備え付けてもらうやり方です。そうすれば工事費はいくらか嵩むでしょうが、新しく購入するよりも安く済むかも知れません。最近は家に合わせて建具を取り付ける人が増えています。節約のためだけではなく、その家にぴったりの寸法で造ってもらえること、完全なるオリジナルであることなどが人気の理由のようです。そして壁に付いている状態なため、地震などによる転倒防止効果があることも重要なポイントになっています。

このように、無理に揃えなくてもやりくりできる方法はいくらでもあります。家や工事の費用だけでなく、家の中に掛かる費用も考えながら無理のない予算範囲内で判断するようにしましょう。

まとめ

家具は生活する上で欠かせないアイテムです。できれば家同様に長く使い続けていきたいものです。そのためにも優先順位を低く考えずに、実際に住み始めたことをイメージしながら選んでいく必要があります。まだ十分に使えるものがあるのに新しさに惹かれて何でも揃えてしまっては破たんしてしまいます。家具も安い買い物ではないことを頭に入れておきましょう。