最低限知っておきたい不動産売買の流れ

物件を売りに出したいと思ったら、まず取引を任せる不動産会社を探すことから始まると思います。購入したい場合には希望の物件を探すことから始めるでしょう。その点だけはきっと誰に聞いても同じ答えが返ってくると思います。問題はそこからなのです。よく分からないからと何でもかんでも業者の言いなりになっていると、思わぬトラブルへとつながっていってしまうこともあるからです。そうならないためにも、不動産売買の流れを把握して主導権を握れるように努力することが求められるのではないでしょうか?

まずは簡単な流れを理解しよう

不動産の売買をする時に大切なのは自分たちの希望を整理してイメージを固めるということだと思います。どうして売りたいのかということや、その物件の相場を調べて売り値の目安をはっきりさせていくのです。購入を考えているならどのような物件を探しているのかということや、いくらまでなら出せるのかという予算的なことを曖昧なままでスタートさせてしまうと、後々後悔することになるかもしれません。少しでも良い条件で契約を進めたいと思うものですが、上を見たらキリがないのです。そうしていてはいつまで経っても物件を決めることができず、ついにはタイムリミットを迎えて慌てることにもなりかねません。

希望がハッキリしたら、物件を探したり仲介してもらう不動産会社を探します。分譲住宅の購入を考えているなら実際に現地へと足を運んでモデルルームなどを見学した上で決めることになると思います。業者に仲介してもらうなら、希望に合った物件を紹介してもらい見学に行くなどして決定していきましょう。

そこからは資金を調達する方法を考えたり、重要な点についての説明を受けたりした後でいよいよ契約に至るという訳です。さらに大抵の場合は住宅ローンの審査に通る必要があったりと、不動産を取得するのは簡単ではありません。ローンの審査がクリアになったら、ようやく物件の引き渡しということになります。

では売りに出したい場合はどうでしょうか?仲介手数料についての確認も済み、信頼して物件を任せられる業者を見つけることができたら査定を依頼します。事前に調べた相場と照らし合わせてみて納得することができれば、その価格で売り出してもらうことになります。めでたく購入を希望する人が現れたら、価格やその他の事項について交渉してから契約を結びましょう。そうして引き渡しが完了した後で必要があれば仲介手数料を支払えばおしまいです。

不動産売買に必要な手続き

売買するものが一戸建ての住宅なのか、マンションなのか、土地なのかという物件の形態によっても必要な書類に違いはありますが、スムーズに手続きを進めるためにも余裕を持って書類を準備しておいた方がいいと言えそうです。

準備がずさんな売主の物件はそのせいで他にも落ち度があるような感じがしてしまい、価値を低く見積もられてしまうこともあるのです。せっかく都合をつけて契約に踏み切ろうとしたのに、アレが無いコレが無いということになれば最悪のケースも考えられます。また、公の書類の中には取り寄せるのに時間がかかる場合もありますから、不動産の売買を考えて動き出した時から準備を始めておくぐらいの意識が必要かもしれません。

売買契約の流れにのっとって手続きを進めていくと、代金の受け取りと同じタイミングで所有権を移転することになると思います。このタイミングがズレてしまうとどちらかに不利益が生じてしまうかもしれないのです。そのため、この手続きを行う際には司法書士さんに立ち会ってもらった方がいいでしょう。

専門家に立ち会ってもらうということは費用が必要になってしまうということですが、一生のうちに何度も経験することではない不動産売買を滞りなく完了させるための必要経費だと思ってみてはいかがでしょうか?不動産売買の流れに沿って手続きを進めていけばいいのだろうと簡単に考えるのは危険です。あとでトラブルになって嫌な思いをしないようにするためにも専門家に間に入ってもらい円満な売買契約が結べるように努めましょう!

トラブルの元にも!?契約時の注意点

専門性が高く一般の人にはしっかりと理解することが難しいとされる不動産売買ですが、当事者のちょっとした心がけでトラブルを未然に防ぐことも可能です。売買契約をする上でのトラブルの多くは、契約を解除することに対する両者の認識の違いからくるようです。

契約をしてから物件の引き渡しをするまでの間に契約を解除したいと買主が言い出したとしたら、どうなるでしょうか?買主としては「手付金を諦めるから解除してほしい」と言い、それに対して売主は「もう準備を始めているから解約するなら違約金を払ってほしい」と意見が分かれてしまうことがあるのです。このようなことが無いように、契約する時点で解約する際の取り決めをはっきりとさせておくことが必要だと言えるでしょう。

次に多いのは物件の瑕疵問題にまつわるトラブルです。売主は売却したい物件に瑕疵がある場合にはそれを正直に打ち明ける必要があるのですが、査定額に影響が出るといけないということで隠してしまいがちです。このように意図的に瑕疵を隠した場合には後になって問題が発覚しても売主は法律で守られることはありません。

しかし、本当に知らなかったというのであれば、売却後に瑕疵が発見されたとしても売主が責任を問われることはないといいます。では契約してから引き渡しまでの間に瑕疵を発見してしまったらどうなるでしょう?そのような時は速やかに不動産会社に相談して買主との間で折衷案を模索してください。

このように、不動産会社や買主を決める時に話しやすく良心的な人を選んでおくことも問題回避の方法であると言えそうです。

まとめ

ここでは売買契約に至るまでの大まかな流れについて見てきました。以上のような点に注意しながら賢く不動産会社を選ぶことで、トラブルを起こさずにスムーズな流れで売買契約を完了させることができるようになるでしょう。