マンションを直接売買するのは可能か?

業者を介するとある程度の価格設定を決められているので、買い手が見つからない。そんな時には直接売買がお勧めです。戸建てだけではなくマンションや集合住宅も取引可能ですので、業者を介しても売れないという場合は検討するとよいでしょう。しかし直接売買を行う際には、いくつかのポイントと注意すべき点があります。これらをマンション取引の流れと一緒にわかりやすく説明していきたいと思います。知人や身内で取引する時には、個人間でのやりとりが多いようです。

マンションを直接売買することは可能なのか

マンションを所有しているが、資金繰りが厳しいので一刻も早く手放したい。不動産や管理会社を通して依頼をかけているが、こちらが提示している金額で販売することを渋ったり、手数料について揉めてしまったりするのでスムーズにことが運ばない。今すぐにでもまとまった資金が必要なので、どうにかならないのか。

そんな時には企業を介さずに直接売買がよいでしょう。不動産を間に入れないので、双方が納得いけばすぐに物件を引き渡すことができるのが、最大のメリットだといえます。この直接取引、以前までは戸建てをメインに行われてきましたが、近年ではマンションや集合住宅でもこの手法を取り入れている方が多くいるようです。不動産を介さない場合、大々的な宣伝が困難になるため、基本的に販売するのは友人や知人といった身内とのやり取りが多いといわれていますが、中にはネットオークションで売買を持ちかけているケースもあるとのこと。自由度が高く、金額に関しても自身で設定できるので、仲介手数料を支払いたくないという場合や、不動産を間に挟まずに迅速に取引を行いたいという場合にも最適だといえるでしょう。流れとしてはまずその売却したい物件の相場を調べ、必要な資料を準備します。これらを照らし合わせた上で販売価格を決め、広告を出します。その後、購入希望者が現れたら交渉や現地確認、問題がなければ売買契約書などを交わし契約締結です。決済が完了した後に引渡しを行えば取引は完了です。但しアフターフォローやサポートを行う必要があるので、販売したら関係ないという訳には行きません。

ちなみに広告を出す場合は、月額1~5万円程度で掲載してくれる企業が多く、登録したあとはサイト側が宣伝してくれるようです。

直接売買することのメリットとデメリットとは

個人間で売買をするには多くのメリットがありますが、同時にデメリットが存在することを忘れてはいけません。特にこれから直接取引を行う方は、熟知した上で挑むことをお勧めいたします。

まず挙げられるデメリットは、取引に関する知識が必要だということです。知識が不十分であるが故にトラブルの原因となったり、取引に不満があるまま遂行したりすると後々トラブルになりやすいのです。よくあるトラブルとしては引渡し後に、瑕疵が見つかるケースです。瑕疵というのは住宅に関する欠点のようなものです。例えば雨漏りや傾き、害虫による被害といったものが挙げられます。売主が隠していることもありますが、気付いていないこともあるので要注意です。

売り手側のデメリットとしては、マンションを売却した後にアフターサポートをしなければなりませんので、売買をしたらすぐに関係が切れるということはなく、何度も呼び出されて疲弊してしまうということもあるようです。書類上の契約や住宅ローンの審査といった、普段は行わないような手続きが多々ありますので素人同士では不安が残る可能性もあります。とはいっても知識をしっかりと身につけた上で取引をすれば、何も怖いことはありません。身内や友人といった近しい方に直接売買するので、良心的な価格で販売することもできますし、費用の受け渡しも柔軟に対応できます。価格設定の自由度が高いということは、資産価値を見越して価格を上乗せすることもできるのです。マンションは一定の築年から価値が落ちにくいので、タイミングによっては大きなメリットをもたらしてくれます。物事にはメリット、そしてデメリットが存在しますが、これらを把握した上で取引をすれば心配無用ですし、デメリットをメリットに変えることもできるのです。

直接売買の場合は仲介手数料必要なし

直接売買のもうひとつの大きなメリット、それはなんといっても仲介手数料が発生しないことです。手数料は物件の価格によって異なり、1億円のマンションであれば300万円程度の手数料が発生します。物件価格が高額といえど、ポンと支払うには惜しい金額であることは確かです。不動産へ手数料を支払うくらいなら、他に当てたい。そう考える方は直接売買を選択しているようです。しかし手数料カットばかりを考えていると、場合によってロスを招くこともあるようです。それは手数料と手間、手続きを換算したときにマイナスになる恐れがあるということです。冒頭で申したように十分な知識がない、または取引に不安がある場合は個人間での売買は非常に危険です。十分な知識がないとローン審査が通らず、契約自体が結べないことも考えられます。事前にこれらの不安要素をなくすために、マンション販売後のアフターサポートや、売却後の手続きに関してセミナーやネットからの情報を得て熟知した上で行うようにしましょう。

また不動産の中には直接取引に関してアドバイスをしてくれるところもあると聞きますので、これらのサービスを利用したり、既存住宅瑕疵保険というあとになって瑕疵が見つかったときに対応できる保険を検討したりするのもよいですね。この保険は買主だけではなく、売主にも対応していることもありますので万全な取引がしたいとおもうのなら加入を検討してみてください。これらの知識が十分にあるのであれば、直接取引は迅速且つ、柔軟な対応ができるのでメリットが多いといえます。企業へ仲介手数料を支払うのであれば、自分でトライし買い手をサポートしていきたいとおもっている方にもお勧めの手法だといえるでしょう。

まとめ

ダイレクトに業者を介さずに取引することを直接売買と呼びます。必ず不動産を介する必要はありませんので、手数料をカットしたいという場合はこの手法を試みるのもよいでしょう。

ちなみに直接取引をする場合は、手数料のカットだけではなく価格設定の自由度が高いので買い手がつきやすいということ。そして買い手と入念な打ち合わせや話し合いを行うことで、本当にマンションを売買してよい人間なのかを見極めることができます。もちろん間に業者は入っていないので、仲介手数料を支払う必要もありません。