仲介手数料無料にできる不動産会社は信頼できるのか

仲介手数料無料と聞いて、嬉しく感じる反面、不安を持たれる方もいらっしゃいます。「タダより高い物はない」という言葉の通り、無料と聞いても何となく信じられない、後から払わせられるのではないかなど、ちょっと不安になりますよね。しかし、仲介手数料無料の不動産会社は、どんどん増えているようです。ここでは、仲介手数用無料の不動産会社について、詳しく見ていくことにしましょう。

仲介手数料無料で不動産側から何か言われないか

仲介手数料無料というのを不安に感じる方の中には、「無料にしてくれるのは、嬉しいけれど、不動産会社から何か言われないだろうか。」という疑問があると思います。「うちは仲介手数料は頂きませんから。」などと言っておいて、後から「やっぱり払ってください。」と言われたりはしないのでしょうか。また、無料になることで、仲介手数料を払った人と差別され、適切なサービスを受けられない、大切な情報を教えてもらえないなど、冷たくされることはないのでしょうか。

例えば「無料にしてあげたのですから、これくらいは我慢してくださいよ。」などと営業マンから言われ、本来は不動産会社が交渉してくれるはずの銀行に、自分で行かなければならなかったり、ついているはずの10年保証がついていないなど、他の面でしわ寄せが来たりすることはないのでしょうか。いいえ、大丈夫です。今挙げたようなことをしてしまったら、お客さんから訴えられてしまうかもしれません。そこまでいかなくても、そのお客さんが不動産会社の悪口でもネットに書き込もうものなら、あっという間にブラックの不動産会社として名前が知れ渡ってしまい、それこそ自分で自分の首を絞めてしまい、あっという間に倒産してしまいます。

あくまで、仲介手数料は不動産会社が他との差別化を図り、多くのお客さんに家を買ってもらうためのサービスの一つなのです。ですから、仲介手数料が無料になるからと言って、不動産会社から何か言われるなどということは決してあり得ませんので、その点はご安心ください。万が一、仲介手数料無料について、何か言い出すような不動産会社があったとしたら、そのような会社とは決して契約を結ばないことをおすすめします。

仲介手数料無料にできるところならどこでも良い?

仲介手数料無料は、買い手にとっても売り手にとっても大変うれしいことであるに違いありません。そして、このような不動産会社がどんどん増えているというのも、喜ばしいことです。消費者にとって、選択肢が広がるからです。では、仲介手数料無料をうたっている不動産会社なら、どこでも良いのでしょうか。無料だったらどこでも同じと思ってしまいがちですが、ところがそうではないのです。

お客さんから訴えられてしまうような悪質なことはしないまでも、不動産会社にとっては本来もらえるはずのものがもらえないのですから、利益が減ることには違いありません。そこで、他の名目で元を取ろうとする業者がいるのです。例えば中古住宅の場合は「鍵交換」と称して周辺の相場よりも高い料金を取ったり、「消毒費」を一般的な価格よりも高く設定したり。要するに仲介手数料が無料だからといって飛びつくと、あとで結局その他の名目で高い金額を払わなくてはいけない羽目に陥ってしまう危険性があるのです。また、仲介手数料を無料にした分、値引きをしないなどという業者もいます。もちろんその逆で本当にお客さんのことを第一に考えている業者も多くいます。

特に長年地元で営業してきた不動産屋さんは、地域密着型ですからお客さんをとても大切にしてくれる傾向が高いです。そうでなくては大手に太刀打ちできません。また、例えば同じ不動産会社で何回か売買を経験しているなど、長い付き合いがあるところであれば、やはり、顧客第一に考えてくれるでしょう。良心的な不動産会社は、仲介手数料無料の他にも、数多くのサービスを行っています。ですから、仲介手数料が無料だからといって、どこでも良いというわけではないのです。

全体的なサービスや評判を見て、不動産会社を選ぶべし

そこで大切になってくるのが、仲介手数料無料だけで飛びつくのではなく、全体的なサービスや評判を見てから、不動産会社を選ぶということです。全体的なサービスといっても色々ありますが、その不動産会社の雰囲気も重要です。雰囲気を知るには、電話をかけたりメールを送ってみるとよく分かります。電話の応対の言葉遣いが乱暴、メールの返信が遅いなどといった会社は避けた方が無難でしょう。また、問い合わせをしたら一日に何度も電話がかかってくる、会社にまで訪ねてきたなどという業者も要注意です。断っているのにしつこく営業を仕掛けてくる業者は、すぐにでも売らないといけない事情があるのかもしれません。

そのほかにも、こちらの希望金額以上の物件ばかり紹介してくる、チラシを見て問い合わせたら「その物件は、さっき売れてしまいました。」と言って、こちらの希望の条件も聞かずにどんどん別の物件を紹介してくるという業者も考えものです。さらに「早くしないと売れてしまいます。」などと言って、購入をせかせる業者も怪しいですね。熱心な営業マンとしつこい営業マンは全く別のものだと心得ておきましょう。さて、このような業者につかまらないためには、ネットの評判や口コミも役立ちます。人の印象は様々なので、同じ不動産会社でも評価が分かれることもあります。しかし、全体的に良い口コミが多ければその不動産会社の評判はそれほど悪くはありません。

もちろんほとんどの人が悪い評価をしているような不動産会社は避ける方が無難でしょう。ネットだけでなく、実際にその不動産会社から購入した方が身近にいたら、聞いてみると良いでしょう。また、新築でありながらすでに入居が始まっているマンションであれば、住人に思い切って不動産会社の評判を聞いてみても良いかもしれません。

まとめ

私たちにとって仲介手数料無料は嬉しいことですが、それだけで不動産会社を決めて売買してしまうのは、やめておいた方が無難です。不動産は高い買い物ですから、やはり信頼できる不動産会社を選びたいもの。営業マンとは長いお付き合いになりますから、人間的にも魅力がある人を選びたいものです。ですから、目先のお得感だけでなく、気持ちよくお金を払いたくなる業者か、長い目で見て良い付き合いができるのかなどを考えて不動産会社を選ぶことが大切です。