不動産売買を依頼するなら、実績のある業者にしよう

初めての不動産売買に挑戦するため、パートナーとなる仲介業者を選ぼうとしても、たくさんの会社があり過ぎて、簡単に選ぶことができません。不動産の取引きは、そのエリアでの経験や実績が重要なので、必ずしも大手企業が良いともいえず、地域密着の会社が有利とも言い切れません。口コミの評判では信憑性がありませんし、実際に訪問して質問するわけにもいきません。どうしたら実績のある業者を選ぶことができるのでしょうか。

実績のある不動産業者を選んだ方が良いわけ

小さな街でも、驚くほど不動産業者が多いものです。昔から経営している地域に密着した業者、大手企業の支店、住宅工務店でも資格者を置いて経営していることもあります。これだけのスタイルと数があっては、どの業者が良いか判断ができません。業者選びで基準となるのは、やはり売買の経験です。

家族経営の小さな業者でも、多くの取引きを手がけた事実があれば、信頼できる業者といえます。大手企業はそのネームバリューで安心できますが、会社全体の業績は高くても、担当となる個人の経験が少ないこともあるので安心できません。たくさんの土地を査定して養われた鑑定眼と、多くの取引きで培った交渉力が、取引きの明暗を分けます。会社の規模ではなく経験を重視する理由は、ここにあります。

不動産の実績はどうやって調べればいい?

どんな業者でも、仲介をするには「宅地建物取引業」の免許が必要となります。大手企業では国土交通省、同一都道府県内の事務所では都道府県知事の免許で経営しており、5年に一度の更新義務があるので、更新回数が多い業者は、長期間に渡る経営の事実があるといえます。

免許を交付している国土交通省や都道府県知事の事務所では、営業年数・過去の営業実績・専任の取引士・行政処分歴の有無が公開されており、誰でも閲覧できます。取引きをしようとしているエリアで評判や口コミを収集できないならば、このように公開されている情報をもとに選ぶのもお勧めです。行政処分の履歴はインターネットからも閲覧できますので、簡単な参考情報として重宝します。

不動産に関する知識を入れたうえで、売買に挑戦しよう

最終的にはプロに任せて取引きを進めるのですが、業者の仕事ぶりがわかる程度に、知識を身に付けておいたほうが良いでしょう。業者の行政処分の内容を閲覧すると、宅地建物取引士しか扱えない重要事項説明や契約書への記名押印を、資格のない人が行ったという事例が多く見られます。

このような契約は無効となる可能性があり、せっかく手に入れた物件を手放すことになったり、売却益を返却することになり、結果的に損をしてしまうかもしれません。幸いにして金銭的な損害が生じないとしても、時間と労力は間違いなく失われます。大きな金額が動く不動産売買ですから、スムーズな取引きと自分の身を守るためにも、知識を身に付けることをお勧めします。

まとめ

不動産の売買は、大きな金額が動く分、ハイリスクとなります。少しでもリスクを減らすなら、まずは信頼できる業者選びが大切です。とはいえ、誠実な業者をみつけて仲介を依頼したからといって、業者に頼りきりではリスクは減りません。不動産の知識を身につけて、積極的に取引きに関わることで、何が行われているかを把握し、隅々にまで目を配るようにして、初めてリスクが減っていきます。良い取引きとなるように、注意深く進めてください。