不動産売買会社のサイトでチェックすべきポイントとは

不動産の売買をする際、初めから不動産業者の店舗を訪れる人は少ないでしょう。今はインターネットでほとんどの業者のホームページを確認できますので、事前に会社情報や扱っている物件などを確認する人が多いですよね。

そこで自分にあった不動産業者を見つける為のホームページの見方やサイトをチェックする際のポイントについて考えてみました。自分の大事な不動産を売る為に親身になってくれるか、また不動産購入にあたり必要な情報をきちんと開示しているのか、不動産売買を成功させるためにもきちんと知っておきたいですね。

サイトの内容は会社を映す鏡です

不動産の売買をすることになったらまず不動産業者を探さなければなりません。ある程度の知識のある人はいくつかの候補が挙がるかもしれませんが、これまで不動産売買に縁の無かった人にとってはどんな業者を選べばいいのかわからなくなると思います。町にはたくさんの不動産業者がありますし、テレビでもたくさんの会社のCMを目にしますが、実際にどのようなポイントで選べばいいのかみていきます。

今はほとんどの不動産業者や会社が自社のホームページを持っていますので、多くの人がまずはサイトをチェックするのではないでしょうか。知っている会社の名前や地元や駅などにあり、見たことのある業者などから検索してみるのではないでしょうか。

そしていくつかサイトを見ていくと、業者によってサイトの構成や情報量に差があることがわかると思います。今やインターネットは実際に店舗を訪れたり、電話で問い合わせをする前段階で目に触れる初めての媒体ですので、業者側としては問い合わせや来店につながるような内容にしておきたいはずです。

そのため、サイトの中身の丁寧さや第3者的な公正な内容かどうかは、そのままその会社の仕事の仕方や実態を映していると言ってもいいでしょう。内容としては、会社の事業内容などの基本的な情報を始め、取り扱っている物件の情報や不動産売買に関する基本的な情報の提供などが主かと思います。情報があまりにも少なかったり物件の写真や情報が古いなど、定期的に更新されていないような場合は、インターネットでの集客に力を入れていないということですので、情報収集が難しくなります。信頼して自分の求める取引ができる会社かどうかは、自分の目で確かめて決めたいですね。

細かい部分まで必ずチェックすることが大切

不動産売買を成功に導くかどうかは、優良な不動産業者選びにかかっていると言ってもいいと思います。全国展開している大手の不動産会社の店舗の中には、ビルの1階に店舗を構えていて、比較的入りやすい雰囲気作りを行っている業者も多いですが、その場合も事前にインターネットで基本的な情報を仕入れてから訪問した方が、自分の希望や疑問点もクリアになります。

その為、優良な不動産業者を見つける為にもサイトはきちんと細部まで確認し、自分の欲しい情報があるかどうか、また信頼して任せることができそうか実際に電話で問い合わせや訪問をする前の段階で、ある程度見極めておきましょう。

最初に、他社にも物件の情報を公開している不動産業者はおおむね好印象でしょう。そして次に会社概要を確認して免許番号や所属団体などを確認しましょう。免許停止の履歴や取引実績数なども確認しましょう。また希望条件から物件を検索できるサイトが多いですが、インターネットで先に情報収集をする人が多い時代だからこそ、とても便利なメニューです。できれば地元に密着した情報を多く掲載している方が、現地の周辺環境などのイメージがしやすいです。また、掲載されている現況写真も確認しておいた方がいいでしょう。日当たりなどその物件をよく見せる写真ばかりを目立つように掲載していたり、物件の全体像が分かりにくいような一方向からの写真や実際の写真ではなくイメージ画像の使用が多い場合などは注意したいですね。

そして女性であれば、キッチンやリビングの動線などが気になるものですよね。このように、買い手となる人が見たい写真や情報をうまく掲載している業者は情報量も情報の質も高いので、信頼して取引を行うことができそうです。

サイトの内容だけを鵜呑みにするのは危険!?

インターネットで事前に情報収集しておいた方が、自分に合った業者を選ぶことができ、自分の希望条件や取引に際しての疑問点が浮かび上がるためおすすめとお伝えしました。しかし、いくらサイトが不動産業者の実態を反映しているとは言え、全ての情報を鵜呑みにできない場合もあるので注意が必要です。

まず、自社の取り扱い物件を他社にも公開しているかどうかです。不動産業者は不動産の売却を媒介する場合と、不動産の購入を媒介する場合の両方とも仲介手数料をもらいます。自社で一つの物件の売却と販売の取引の両方を媒介した場合、両者から仲介手数料をもらうことができるのです。

仲介手数料は不動産業者の重要なの収入源ですので、できれば両者から手数料収入をもらいたいと考えるのは当然です。しかし例えば不動産の売却を依頼した場合、複数の不動産業者で情報公開をしてもらった方が、売主としては早くに買い手がつく可能性が高いのでうれしいですよね。

不動産業者からしてみれば、他社で買い手がついた場合は、自社で仲介できずに手数料収入が見込めません。ですから、それでも他社に情報公開をしているかどうかが、どんな不動産業者かを見極める上では重要なのです。全てがそうとは限りませんが、自社だけの専任物件を多く扱う業者は仲介手数料目当ての場合もありますので、きちんと見極める必要があります。

またこちらも規制により減ってきてはいるそうですが、おとり物件を掲載して問い合わせや来店を誘う手法を使っている業者も一部あるようなので、注意が必要です。周辺相場と比較してあまりにも安く販売されていたり、他よりもとびぬけて好条件で販売されている場合などは、実際にはすでに買い手が決まっていて販売不可にも関わらずサイトに掲載し、問い合わせがあったら別の物件を紹介し契約に持ち込むというものです。

このようにネットに出ている情報が全て正しいとは限らないということも、少し頭に入れてつつ不動産業者探しをすることが重要です。

まとめ

インターネットで不動産仲介業者を選ぶポイントについてご紹介しましたが、いかがでしたか。1軒ずつ店舗を訪問しなくても、お店の雰囲気や取り扱い物件を知ることができる為、とても便利なサイトですがそれが全てではないことを忘れてはいけません。

サイトの内容には事業内容など必ず確認しておきたい内容もたくさんありますが、それ以外の営業マンの提案力や対応力などは、実際に電話や訪問などで確認しなければわかりませんし、後々後悔しない為にも自分の目で確認して決めるようにしたいですね。