家を売るなら、マンションVS戸建てどちらが有利?

家を売る時に一番気になるのはやはり値段ではないでしょうか。購入した時と比べて値段が同変動しているのか、もしくは変わらない価値があるのかどうか気になるところです。また売るタイミングも大事になってくるかと思います。その資産の決め方、マンションや戸建ての売り方についてそれぞれ詳しく見ていきたいと思います。

そもそも、資産の価値はどうやって決まるの?

資産価値は物件を売買する際に最も気になることのトップに入ってくるものだと思います。ではその資産価値はどういって決まってくるものなのでしょうか。東京での戸建ての場合、購入価格の三分の二は土地の値段となります。近年では土地の価格の上昇は期待できないものの、これ以上劇的に土地の価格が下がることは予想しづらいと言われています。

例えば4000万で買った戸建てを35年後に売るとしても2000万以上で売れることが期待できます。そう仮定すると35年間でかかったコストは2000万以下、月々に直すと4万数千円が戸建てに住んだ時の月々のコストとなるのです。次にマンションの場合も考えてみたいと思います。仮に3000万で買ったマンションが35年後に700万で売れたとして、35年間にかかったコストは2300万+(月々の管理費・積立金3万+駐車場代1万)×12ヶ月×35年=3980万となり、月々に直すと9万4千円となり、マンションの方が戸建てより少し高い計算となります。しかしだからといって戸建ての方がいいかというとそういうわけではありません。戸建てでもマンションでも売りに出す場合はある程度綺麗な状態にしておかなくてはなりません。戸建ての場合は内装から外壁まで全てを自分で払わなくてはなりません。しかしマンションの場合は内装は自分でやらなくてはいけないですが外壁などに関しては自分でやる必要がありません。マンションの共有部分は常に綺麗にしてくれる人がいるので自分たちでは何もする必要がないのです。

なので長い目で金額を見たらどちらもそう変わりはないのではないでしょうか。資産という視点だけで見れば戸建ての方がメリットがありがちな気がしますが、詳しく調べていくとどちらもそう変わりはないのです。ちなみに家の契約時に仲介手数料がかかることがあるかと思います。この仲介手数料というのは資産の価値には直接関係するものではありません。

マンションは売れやすい?どうやって売るの?

マンションの売買は常に行われています。なのでほとんどの場合が売れるかと思います。しかしどうせ売るのなら出来るだけ高く売りたいと思うものなのではないでしょうか。ここでは中古マンションが売れやすくなる方法を見ていきたいと思います。

まずは売れやすい時期を考えてみましょう。ズバリその時期は進学や就職で人が動く春先に引越し・引渡しができるような時期です。進学や就職は4月です。それに合わせて新居を探すという人は多いのです。そのタイミングを狙って売りに出すのがまさしく売れやすい時期なのです。しかしまったく関係ないとまでは言えませんが、昔ほどこの「時期」が売れ行きに大きく影響を受けることは少なくなっています。それには理由があります。それは昔と違って夫婦共働き世帯や単身世帯が増え、引越し時期にこだわらないという人が増えたからです。そのため時期がさほど関係しなくなってきているのも事実です。また、買い手の家の探し方も変わってきている点も影響していると言えます。まず家を探そうと思ったら不動産会社を直接訪れる前にインターネットで調べる人が多いのではないでしょうか。自宅にいながら気軽に情報を得られるので、購入への興味を持った時点でネットにアクセスを始めます。なので時期は関係なのです。

結論としては、「マンションを売却する」と決めたら、時期にこだわらずに、1日でも売りに出して市場の反応を見ることが一番大事なのではないでしょうか。マンションを中古でもいいから買いたいと思っている人は意外と多くいるのです。まずは何事も専門の知識を持った不動産会社に相談すべきだと思います。最適なマンションの売り方を教えてくれることでしょう。

戸建ては売れやすい?どうやって売るの?

戸建てを売る場合、購入者によって、何を優先するかは違いますが売れやすい家と言われるポイントがいくつかあります。そのポイントについて詳しく見ていきたいと思います。まずは価格です。市場の相場よりも低価格であるということが何よりも中古物件のメリットです。新築物件よりも高額だと誰も買わないでしょう。

また間取りも大事です。新築の注文住宅のように、間取りを自由に決めることができない中古住宅では、間取りが重要なカギを握ります。一般受けが良い間取りというのは、ごく平凡な一般的な間取りです。その逆で、個性的な間取りの家は「売れにくい家」に分類されてしまいます。売主にとっては、自慢の一室であったであろうカラオケ専用の防音部屋、映画をみるためのシアタールーム、トレーニングするための地下室などは個性的な間取りと判断されるので、一般受けするとは限りません。内装・外観ともに綺麗も重要です。内装や外観が綺麗な家のほうが、売れやすいのは言うまでもありません。誰だって少しでも綺麗な家に住みたいものです。近くにスーパーや銀行などがあり、生活に便利な地域は人気も高いです。同じように通勤や通学に便利な地域も利便性が高く、人気の物件となりやすい傾向にあります。ですが近くにコンビニや銀行なども無いような地域の場合でも人気がないわけではありません。都心部から田舎暮らしを計画している人、駐車スペースを多く確保したい人などにはこういった物件が逆に良かったりします。

その他にも築年数が浅い、日当たりが良いというのも重要視している人は多くいます。そして戸建て購入を考えている人が新築よりも中古のほうがいいと思うのは、購入する前に実際に建物をみることが出来るということではないでしょうか。新築物件は大体の場合建物が完成する前から売りに出されているので図面だけを見て購入を決める人が多いのです。そうなると住み始めてから思っていたのと違うということにもなってしまうのです。そういう点では中古物件は既にある建物なので安心して購入することができるかと思います。

まとめ

マンションでも戸建てでもいつかは売りに出したいと思っている人は多くいると思います。その時に自分の持ち家の資産は一体どの程度のものなのか把握しておく必要があると思います。せっかく売りに出しても売らない方が良かったとなってしまうかもしれません。売りに出す際の注意点を踏まえつつ、後悔のない売買を行えることを心がけるべきではないでしょうか。