中古物件の家を購入するメリット

新築物件か中古物件か迷われていませんか?中古物件には思いのほかメリットも多い物件です。もちろん新築のようなきれいさはありませんし、古い物件だと間取りや作りが心配ということもあるかもしれませんが、中古物件にしかない良さもあります。選びやすさであったり、融通性であったり、中古物件のメリットについてポイントをまとめてみましたので是非参考にしてみてください。

価格が安く、選択肢が豊富である

1つ目のメリットは何といっても価格の安さがあります。新築物件は1から建てることになるので、どうしても建設費用が高くなります。新築の家の場合、建売の新築もあれば注文住宅という選択もあります。どちらにしても相談する中で色々と費用がかさみがちです。一方、中古物件は元々家が建てられているので、土地と建物の費用を比較した場合、新築よりも安く済みます。購入後のリフォーム代などは個人のニーズとその物件の古さや強度によってに変わってきますので、その辺りの予算も意識して家選びをするとよいでしょう。中古物件は築年数も間取りも様々で選択肢が豊富です。土地と家の購入代が安価に抑えやすい分、新築ではなかなか予算的に住むのが難しいような地域で家を探すことも可能になりやすいです。

例えば都心に近い、便利な沿線の駅近いという地域は今後生活る上でも便利です。中古物件の特徴として、例えば、築年数の浅いものですと断熱材がしっかりしていたり、強度が良かったりと昔の家よりも性能面ではいい事がたくさんあることが多いです。しかし、その分中古物件の中では高額になりやすいです。逆に、築年数が古いもので、リフォームができてないものですと、性能の面では居心地の悪さがあるかもしれません。しかし、その分安く済ませられます。気になる所はリフォームで補うことができることと、リフォーム代はある程度こちらの要望を聞いてもらうことで予算に見合ったものにできます。

予算の面でいうと、多くの別件では消費税がかかりません。そもそも消費税は事業者が提供するものにかかる税金なので、物件の売主が個人の場合には課税はありません。数百万、数千万のお買い物になるので、消費税のあるなしで大きく変わりますよね。その他、仲介手数料も物件ごとに変わってきますので、費用を押さえたい方はこの仲介手数料がかからない、売主が業者を挟まずに売りに出しているような物件メインに探すといいでしょう。

リフォームによって、自由にカスタマイズできる

2つ目に、中古物件は既に建てられおり、ある程度間取りも決まっていますが、リフォームをすることで間取りを変えたり、生活しやすい動線を確保した家にするなど、自由にカスタマイズができます。リフォームをするメリットにはいくつかあります。まずは最新のシステムキッチンやトイレ、収納などの設備などを設置できる点です。中古物件には一通りの設備はありますが、新しいものの方が機能的で使いやすいですよね。床暖房や光を取り入れやすい間取りなどは、古い家にはない事の方が多いです。

次に予算面です。新築ではオプションでより便利で新しい設備や機能的な建材などを紹介されますし、もともとの設備が全て新しいもので設計されています。なので、最初にきいていた基本の設計よりも高くなりやすいです。一方、中古物件のリフォームですと、どこを新しくするか、そのままでも十分生活しやすいといったこともあり、家全部をリフォームする必要がありません。あまりリフォームをする必要のない物件を選ぶことで費用を抑えることができます。そして初めから予算をはっきりと決めておけば予算オーバーになる心配も少なくなりますし。予算に合わせた提案もしてもらえます。リフォームをする場合、注意したいのが工事期間です。リフォームをしなければ売買契約が成立し、引き渡しができたらすぐに住むことができますが、リフォームをするとなると数か月、居住までに期間が空きます。

リフォームをどの程度するかでその期間も変わりますので、物件選びの段階からそういったことにも注意して選ばないと、例えば2か月後には引っ越ししたいけれど、リフォームをしていたら引っ越しが間に合わないということになりかねません。

現物が見られるため、購入時の検討ができる

3つ目に現物が見れるのでイメージがつきやすく、全体の費用も計算しやすいことです。新築の場合でも建売物件の見学に行ったりしますよね?やはり実際に見てみる方が実際に生活した時のイメージがしやすいものです。それと同じく中古物件の売買に欠かせないのが物件の見学です。見学をすることで、家の間取りや雰囲気が見ることができ、資料だけではわからないことも確認することができます。

特に新しいキッチンが欲しい、床暖房がほしい、省エネの住宅にしたい、太陽光発電ができる家にしたいなど、物件の状態にかかわらずリフォームを検討しているのであれば、そういったリフォームができる家なのか、他にもリフォームが必要な箇所はないかどうかも確認しておかないと、予算に見合った家かどうかも判断しにくくなります。また、新築を検討している場合、モデルハウスの見学に行く方も多いのですが、モデルハウスのほとんどはそのメーカーの最新設備を取り入れた家なのでかなり高額なことが多いです。なので、実際に建てる家とは違うものになることが多いそうです。そういった意味で、中古物件ではそういったギャップは少ないですし、今の状態よりも悪くなることはほぼないので、見学の時に確認事項をしっかり意識できていれば最終的な予算について調節しやすいです。

そして、家の中だけでなく、物件周辺も予め確認できます。例えば、日当たりの確認もしやすいですし、地域の様子も見学の際に確認でします。日当たりを確認しておけば、リフォームの時もより光を取り入れやすい間取りや窓の位置を考えやすくなります。また、物件周辺もぶらりと散歩しておくだけでも今後の生活のイメージもしやすくなります。

まとめ

中古物件は新築よりも安価に抑えやすく、その分新築物件では考えられないような地域でも選択肢に入れることができます。物件によってはリフォームが必要にもなりますが、その分、自分の希望を取り入れることができたり、家族が住みやすい家にすることもできたりします。また新築よりも予算が立てやすいのも特徴の一つで、見学にいけば現物が見られるのも大きなメリットです。