仲介手数料無料のデメリットはある?

できることなら不動産売買における諸費用を最低限に節約することでお得に取引を進めていきたいと考えるのは当然のことです。物件の価格について交渉して値下げしてもらうことも考えられますが、最近目にする仲介手数料無料の不動産会社に依頼することでもかなりの金額を節約することが可能なのです。どのような場合に手数料が無料になるのかを見ていきましょう。

仲介手数料が無料になるカラクリ

なぜ最近になって不動産会社は仲介手数料を無料にすると言い出したのでしょうか?物件を紹介したり手続きを代行したりすることで生じる手数料は不動産会社にとって大切な収入源ではないのかと疑問に思いますよね。それを手放してまで不動産売買を進めたいと考えているとしたら、その物件に何か重大な問題が潜んでいるのではないかと考えるかもしれません。

しかし、ほとんどの場合はそのような悪意のある理由から仲介手数料を無料にしているわけではありません。仲介手数料無料にするのは、昔からの古い習慣が変化してきていることが原因のようです。これまで、不動産会社が売主と買主の両者から仲介したことに対する報酬を受け取っていたというのがこれまでの習慣でした。ところが最近では売主に対しては無料で対応し、買主からのみ成功報酬を受け取ると言う業者が増えてきたのです。不動産売買に対する報酬はかなりの金額になりますから、欲張らなければ片方からの収入だけでも会社を維持していくことが可能になります。

ここで忘れてはいけないのが売買契約が成立した時に発生する成功報酬であるという点です。タダで仲介するからといって手を抜いているようではその契約が成立することはほとんどないでしょう。そうすると不動産会社は収入を得ることができませんから、存続の危機にさらされることになります。最近の実績を確認することができれば、その会社が信頼に値するものであるかの判断基準にもなると思います。

仲介手数料無料がデメリットになる場合は本当にある?

正当な報酬であると法律で定められているにもかかわらず、それをタダにしたとしたら何かしらの弊害が生じると考えるのが普通ではないでしょうか?しかし実際には有料か無料かはそれほど問題ではないと言いますから、それならタダでサポートしてくれる不動産会社を探したいと思うはずです。

ここであえてデメリットとして挙げるなら、タダになるのは全ての場合ではないという点です。「仲介手数料無料」という言葉を鵜呑みにして決めてしまうと、あとになって支払う必要が出てくることもあるのです。仲介手数料はどうなっているのかという費用は、契約書を確認しておけばトラブルを避けることができそうです。

また不動産会社が自社との契約を勧める手段としてあたかもデメリットがあるかのような話をしてくることもあるといいます。手数料がかからないことを理由に金利や、相手との価格交渉、手続きが不利になるということはないので信じないでください。大抵は他社を批判するためで関係のないことばかりです。

金利は銀行が決めることですし、交渉に応じるかは相手にかかっています。成功報酬を得るために成約させようとしたら手続きの手を抜くことは考えられません。もしそのような不動産会社があったとしたら、それは顧客の立場に立って最善を尽くしてくれるような親切な会社ではないと思った方がいいでしょう。

他にもたくさん不動産を扱う会社はありますから、多少面倒でも新たな関係を築いていった方がいいと思います。自分の目で物件の相場を調べたり、希望の物件を探したりした上で契約にまつわることは専門家の手を借りる、というような心構えが不動産売買を成功へと導く秘訣かもしれません。

仲介手数料の仕組みを理解してお得に売買しよう

不動産売買の仕組みを理解することができれば取引を有利に進めることも可能です。お得に物件を手に入れたいと思ったら価格の交渉をすることは欠かせませんが、その時には相手も同じように考えているということを忘れないでください。

それなら相反する取引相手との価格交渉に期待するよりも、仲介を依頼した不動産会社への支払いを抑える選択をした方が得策と言えそうです。仲介手数料が発生する仕組みを理解することで物件探しや業者さがしの幅が広がります。何故かというと契約が成立するまでは費用がかからないということになっているからです。たくさんの選択肢の中から比較して検討することが大切なので、できるだけ多くの業者から情報を集めるようにすることをお勧めします。

気になるものが見つかってから詳細について確認するという方法でも十分間に合うのです。もしかしたらタダで仲介してくれるような会社は自社の利益につながるようにと情報を操作してくることがあるかもしれませんが、同時に有料の会社にも依頼していれば広い範囲の情報を提案してくれるでしょう。

お得に売買すると言ってもその基準は人それぞれです。まるで自分のことのように熱心に動いてくれるような担当者に出会えたら、得したと感じる人もいるかもしれません。とにかく費用を節約して金額を抑えることがお得な道だと考えている場合もあります。そのような人は仲介手数料が無料であるがゆえに多少雑に扱われるかもしれないということも想定内という考え方です。どのようなことに重点をおくことが満足感を得ることにつながるのか、求めていることを明確にするといいでしょう。

まとめ

仲介手数料が無料になったところで大きな問題はないと言えそうです。しかし注意深く見ていくと理解した上で判断した方がいいというポイントがいくつか出てきます。胸の奥がスッキリしないような状態のまま、一世一代の決断をしてほしくはありません。少しでも疑問に思うことが出てきたら何でも相談して失敗のない売買契約を成立させてください。