初台駅周辺をリサーチ!気になる利便性や治安をチェックしよう

  • 記事公開日:2021/08/11

東京は家賃や立地条件で住むには難しいことが多いですが、入念に調べることで最適な条件が見つかることもあります。初台駅は他府県の方はあまり聞き馴染みのない人も多いかもしれませんが、意外に歴史が古く、東京の渋谷区を支える駅の1つでもあります。

そんな渋谷区にある初台駅の由来や住みやすさ、治安についてリサーチしてみました。東京に引っ越しを考えている方必見の情報をまとめていきます。

初台駅の由来や歴史

東京都渋谷区の北部に位置している初台町は都心らしいオフィス街がある一方で、縄文時代の遺跡や神社もあり、歴史を感じることができます。賑わっている渋谷のイメージとは異なる静かな住宅街があるのも初台の特徴の1つです。

まずは初台駅周辺の歴史から見ていきましょう。

意外に古い?初台駅の歴史

この地域が初台と呼ばれるようになった理由は諸説あります。太田道灌が築いた8つの砦の内、1つの砦がその土地にあったことで「初台」と呼ばれるようになったことが1つ目の説です。

2つ目の説は、江戸時代の天正19年に江戸幕府二代将軍徳川秀忠の乳母であった土井昌勝の妻が「初台の局」と呼ばれており、この地を貰ったことで「初台」と呼ぶようになったと言われています。

土地だけでなく、駅としての歴史も古いのが特徴です。駅が開業されたのは大正時代で、約100年の歴史を感じることができます。

現代までの初台駅の変化

1914年(大正3年)に開業された際は改正橋駅という名称でしたが、1919年(大正8年)に初台駅と改称されました。現在は地下ですが、1964年頃までは地上の相対式ホームとして機能していました。戦後の電鉄再編に伴い、京王帝都電鉄として分離独立し、地下化が進んでいきました。

京王新線が開通した時に、現在地へと移転しています。東京競馬開催時に急行停車駅となり、現在も各駅停車含めて急行、区間急行、快速と停車列車種類も豊富で、多くの人が利用しています。

初台の住み心地

賑わっている街と住みやすい街は必ずしも結びつくとは限りません。人の多く行き交う街では利便性に特化している反面、治安に不安を持つ声も多く上がっています。

初台の住み心地や人の往来、治安状況など確認していきましょう。

立地や住宅状況

新宿まで電車で3分と利便性も良く、オフィス街もあるので仕事で東京に来た方に住みやすい立地となっています。初台駅は地下にあるため、駅直結の施設も多く、雨の日でも濡れずに足を運ぶことができるのも特徴です。

初台は住宅街が多いですが、自然も豊かなことが利点です。明治神宮や代々木公園へ、徒歩で行ける範囲であるため、都会にいながらも自然を満喫できます。

周辺の治安状況を知っておこう

人口や人の往来が多い渋谷区にありますが、初台は渋谷のイメージと違い治安が良いのが特徴です。警視庁が発表している初台駅周辺の犯罪率は0.05%と低い数字で、ほとんど犯罪が起きておらず、治安の良さが伺えます。

しかし、一部で治安の悪いエリアがあるため、注意が必要です。北千住駅付近や、新宿の繁華街に近いエリアでは犯罪率も上がっているので、住む際にはしっかり治安状況を確認してから場所を決めていきましょう。

初台の賃貸や家賃相場

住む際に気になる賃貸状況や家賃相場について知っておきましょう。
利便性も相まって仕事の効率が良いため、渋谷区の中でも人気がある初台は住宅街が多く、中でも自然豊かで閑静な住宅街があり、治安が良く住みやすいのが特徴です。

住みやすい一方で、家賃相場が高い印象があるため、どの物件に住むのがお得であるかしっかり検証する必要があります。

初台は分譲マンションがオススメ?

1R 約9万円
1K 約10万円
1DK 約13万円
1LDK 約17万円
2LDK 約25万円
3LDK 約40万円

新宿に比べて家賃相場は低いですが、人気エリアのため相場は東京23区の中でも高めに位置しています。

しかし、渋谷区の中だけで見れば家賃相場は低めで、利便性を考えればより低く感じると思います。住宅街も多い初台では分譲マンションも豊富で、間取りによっても家賃相場は変わってくるため、仕事で初台に住みたいと考えている単身者の方は分譲マンションがオススメです。

住みやすく仕事先へ行く効率も良いため、単身者だけでなくファミリー層にも人気が高いのが特徴です。ファミリー層には3LDKが主流ですが、駅から徒歩圏内の場所にある賃貸戸建ての物件が、初台のファミリー層に人気があります。

単身者用の物件が多いのが特徴

初台は仕事で引っ越している人も多いため、単身者用物件の需要が高いのが特徴です。一定のファミリー層や高齢の方も住んでいますが、都内の平均よりも低く、一人暮らしの割合が多くを占めています。

単身者用の賃貸物件が多く、外国人も比較的多く住んでいるのも特徴となります。

初台の利便性や買い物スポット

初台に住むメリットには、都内へのアクセスの良さも挙げられます。仕事のために住んでいる人も多く、新宿や渋谷、池袋、東京など各駅へのアクセスはとても重要になります。

周辺の施設も合わせて確認していきましょう。

主要な都市へのアクセス状況

初台駅に通っている路線は京王新線1本だけですが、急行も止まる駅であるため、利用する人も多いのが特徴です。また、朝の通勤時は混雑が少ないため、都内の主要な駅にスムーズに行くことができるメリットもあります。

路線が1つしかありませんが、京王新線は都営地下鉄新宿線と直通運転しているため、新宿三丁目や神保町などのオフィス街へのアクセスも良く、通勤時の混雑が少ないことと合わせて効率が良いと言えるでしょう。

新宿駅まで乗り換えなしの約2分で行くことができるため、東京の主要な駅にも足が運びやすくなります。新宿駅は最大級のターミナル駅であるため、様々な手段で都外に行くことができます。ターミナル駅へのアクセスが良いことで都外へ出かけることも比較的容易にできるのが利点と言えるでしょう。

周辺の公共施設や商業施設をチェック

初台駅周辺には文化的施設である東京オペラシティがあります。東京オペラシティは地上230mのスカイレストランやショップ街、世界でもトップクラスを誇る音響のコンサートホールやアートギャラリーなどが集まった複合施設です。初台駅と直結しているので、駅周辺に住居を構えればすぐに利用することができます。

生活に欠かせない買い物スポットも初台周辺には十分あります。成城石井オペラシティ店、初台スーパー百貨店、フレスコ、マルエツなどのスーパーがあり、日常生活には不自由しません。

初台の災害リスクと災害対策

生活を送る際に気になるのが、災害が起きた時の状況です。
地震や台風、豪雨が起きた時に起こりうるリスクの想定を行なっておくことも重要となります。

住む前に初台の災害へのリスクや対策について知っておきましょう。

大きな災害が起きた時でも初台は安心できるのか?

初台の地盤は柔らかくもなく、固くもないため、地震ハザードは中程度と評価されています。地震が起きた際に震度以上に大きく揺れることはなく、液状化や地盤沈下のリスクも低いと言えるでしょう。

地盤が良好だと台風や豪雨の際にも被害が少なくなるため、初台は比較的安心できる土地であります。住居を考える際は地盤の状態をよく調べておきましょう。

台風や豪雨、洪水の際に浸水する予測エリアに初台は含まれていません。リスクは低いですが、一部のエリアでは1mまで浸水するエリアもあるので住居を考える際は上層階を選んでおくと安心できます。

リスクが低いと言っても、大きな災害が実際に起きた場合にはどのような状況になるかわかりません。
自分でできる災害対策は行なっておきましょう。

初台が行なっている災害対策や避難場所の確認

初台駅付近には学校が多く、避難場所に指定されている場所が1㎞以内に10件程あります。駅から一番近い避難場所は南口近くの幡代小学校になります。

渋谷区が危険度マップ、地震の際の揺れやすさマップを正式に提示しているので、それも合わせて確認していきましょう。災害が起きても焦らずに行動できるように避難場所やマップはしっかり頭に入れておくと安心できます。

まとめ

初台駅は歴史が古く、街も閑静な住宅街があり、住みやすいのが特徴です。犯罪率も低く治安が良いため、女性の単身者でも安心して住むことができます。

家賃相場は高めですが、都内へのアクセスの良さや利便性を考えれば妥当な相場とも言えるでしょう。東京の中では高いですが、渋谷区の中では低めの家賃相場なので、仕事効率を考えると良い立地です。周辺にスーパーもあり、東京オペラシティといった文化的施設もあり、生活するのに困ることはありません。

区が防災マップを出しているため、地盤などを考慮した上で住居を考えることができます。避難場所も駅の周辺に学校が多くあるため、どの場所に住んでいても指定された避難場所にすぐに行くことが可能です。これらの情報をしっかり確認した上で初台に住居を構えるか考えていきましょう。