不動産の仲介、売買の時は必要?

数百万円、数千万円の高額な買い物となる不動産売買では、出来る限り支出を抑えたいのが人情です。特に自己資金が心もとない時は、即金で支払わなければならない仲介手数料は馬鹿になりません。「購入物件が決まって売り主もわかっているから、仲介業者は必要ないよね」と言いたいところですが、実際に仲介業者の仲立ちがなくても、売買ができるのでしょうか。不動産売買における仲介業者の役割には、いったいどんなものがあるのでしょう。

そもそも仲介って何?どういう役割?

不動産における「仲介」とは、売買契約を成立させることで得られる、成功報酬にあたります。買い主側ならば、求める物件を探し、交渉を行ない、契約書を作成し、契約に立ち会います。個人の申込みでは審査が通りにくい、住宅ローンの手続きも行ないます。売り主側なら、物件の買い手を探し、交渉して、契約書を作成し、契約に立ち会います。

どちらもトラブルがあれば、間に立って解決に努めます。この買い主と売り主の間に立つ第三者として、仲介業者が存在します。買い主と売り主、どちらからも手数料が支払われるため、双方の利益を等しく守る、中立の立場となる信頼できる第三者となります。双方の意向を尊重し、滞りなく契約まで運ぶために、プロの知識をフル活用してくれるのが業者の役割です。

売買で不動産に仲介してもらう必要はあるのか

契約書作成などは、知識を得ればクリアできることでしょう。ところが大きな金額が動く売買では、予測できない事態にぶつかることがあります。例えば売り主側だとしたら、契約後に物件に瑕疵があることが判明し、契約書に記載されていないため違約金を請求される、というようなトラブルは、実際によくあることです。こんな時に仲介業者が入っていれば、責任を持って対処してもらえます。

契約書を作るだけの手数料ではなく、万が一の時に頼れる保険のような存在です。そのようなトラブルが起こらないために、契約前に入念な査定がおこなわれるので、業者が入る契約では、そのような大きな問題は稀でしょう。中立的な立場なので、どちらかに偏った利益を生むような行為は、ないといえます。

楽しく不動産売買を行うために必要なこと

個人での売買は、土地や家屋の評価額について詳しく知っていないと、高く買わされてしまったり、安く売られてしまったり、損をしてしまう問題も起こりやすいようです。トラブルを回避できるほどの幅広い知識を、今すぐ身につけるのは困難ですし、出費を惜しんだあまりに違約金などを支払うことになっては本末転倒です。

手数料は大きい出費となりますが、スムーズな取引きを望むなら、仲介業者を利用するのが最善なようです。何もなければ高いと感じますが、トラブルに発展した時は、間違いなく心強い味方となるはずなので、掛け捨て保険のつもりで依頼すると良いでしょう。高額な買い物のサポートを任せられる、しっかりとした業者選びを心がけてください。

まとめ

やはり個人の取引きは、問題が起きる確率も高く、お勧めできるスタイルではないようです。信頼できる業者と二人三脚で進んでいくのが、最も賢い方法といえます。また買い主側でローンを組む際は、業者を経由しないと審査が通りにくいということもあり、自己資金が少ない人ほど、上手に業者を利用することが大切です。とはいえ任せっきりでは、損をする可能性があります。取引きがどうなっているのかを把握するために必要な知識は、きちんと身につけた方が得策です。