東京での新築一戸建てと仲介手数料無料について

仲介手数料無料という言葉を聞いたことがありますか?そもそもこの仲介手数料とは、不動産の売買の際に、購入者が不動産会社に支払う手数料のことです。これは、購入物件がマンションであれ一戸建てであれ土地であれ、同じように発生します。この手数料を払わなくてよい場合のことを仲介手数料無料というのです。それではここで、仲介手数料について詳しく見ていくことにしましょう。

売主が不動産会社だった場合の仲介手数料は?

仲介手数料とは、不動産を売買した際に不動産会社に支払う手数料のことです。不動産は新築と中古に分かれますが、新築であれ中古であれ、売主と買主の間にどこかの会社が介在した場合は、売主、買主とも売買を仲介してくれたお礼として、仲介手数料を支払う必要があります。しかし、中には売主から直接不動産を購入する場合もあるでしょう。例えば大手の不動産会社が、自社で開発した東京の新興住宅街にたくさん新築一戸建てを建てて売り出す場合には、仲介手数料はかかりません。自社の物件を直接お客さんに売るので、間にどこかの会社が介する必要がないからです。

不動産会社が売り主の場合は、その会社と買い主が契約を交わし、買主が物件の代金を会社に支払えば終了です。1対1の取引なので、非常にシンプルです。売主が不動産会社かどうかは、不動産のチラシの下に書いてあります。不動産会社の名前の付近に「売主」と書いてあれば、その物件はその会社所有のものですから、仲介手数料はかかりません。仲介手数料無料という訳です。仲介手数料はばかにならない金額ですから、できれば売主から直接買うことをおすすめします。しかし、残念ながら全ての不動産会社が売主になれるわけでありません。

自社の物件を売ることができるのは、やはり大手の不動産会社ですから、価格が総じて高めです。それだけの設備投資をしているから当然と言えば当然なのですが。ですから、売主が不動産会社で、しかも周辺の相場よりも安い物件を見つけたら、購入を視野に入れてみると良いでしょう。もちろん、売主かどうかだけでなくその物件のクォリティも関係してくるので、一概には言えませんが、支払う金額の合計を考えれば、売主が不動産会社の場合が最も安く済みます。

売主が不動産会社以外だった場合の仲介手数料はいくら?

では、売主以外から東京の新築一戸建てを購入する場合は、どうなるでしょう。売買には「売主」「代理」「仲介」の3種類があります。仲介手数料がかかるのは代理と仲介の場合です。なお、代理は売主と仲介する不動産会社との取り決めによって、かからない場合もあります。仲介手数料は、物件価格によって変わってきます。物件価格が200万円以下の部分は5%プラス消費税、200万円超400万円以下の部分は4%プラス消費税、それ以上の部分は3%プラス消費税となっています。

しかし、ここで面倒くさいのは、例えば1000万円の物件を購入する場合、200万円以下の部分、200万円超400万円以下の部分、400万円以上の部分の3段階に分け計算しなくてはいけないことです。物件の値段は様々で、しかもどれもが高額なものですから、計算がとてもややこしくなってきます。そこで計算の煩雑さを解決するために生まれたのが、「3%プラス6万円」という簡易な計算式です。詳しい説明は省きますが、要するに面倒な計算を簡単にできるようにと編み出された計算式なのです。「プラス6万円」という表現から「なんだかすごく怪しい」「プラス6万円って何?」と思われるかもしれませんが、実はれっきとした仲介手数料の一部だったという訳です。

そして、今述べた金額は法定の上限額です。ですから上限さえ守れば、仲介手数料の額は不動産会社によっていくらでも安く設定することが可能なのです。逆に、これ以上の高い手数料を請求してくる不動産会社は、明らかに違法ですので、決して支払ってはいけません。こちらが不動産について素人だからと、足元を見るような業者とは、絶対に契約をしないようご注意ください。

なぜ不動産会社は積極的に値引きしたがるのか?

チラシで新築マンションが大幅値引きされているのをご覧になった方もいらっしゃるでしょう。不動産はそれ自体が高額なものですから、たとえ1割引きであっても100万円以上安くなることもざらです。例えば、もし3,000万円の物件を1割引きしてもらったら、2,700万円。300万円もやすくなるのです。食料品や日用品の1割引きとはスケールが違いますよね。購入する側にとってはビッグチャンスです。予算に合わずに諦めていた物件が、大幅値引きをしてもらったおかげで予算内で購入出来たという話も聞きます。

では、なぜ不動産会社はこんなにも値引きに積極的なのでしょう。それは、買い手のためというよりは、自分のためなのです。大規模開発の新築マンションや戸建てを例にとって考えてみましょう。もちろん正規の値段で完売できればベストです。多額の利益を得ることができるからです。しかし、もし1軒でも売れ残ってしまったら、定期的に窓を開けて風通しを良くしたり、掃除をこまめにしておかないとあっという間にカビが生えたり、ほこりだらけになってしまいます。そしてそれを行うためには当然人件費がかかります。そして、家とは不思議なものでだれも住んでいないと劣化がどんどん進んでしまうのです。もしこの先ずっと売れなければ、不良在庫として会社の売り上げの足を引っ張ってしまいます。そこで、不動産会社はこのような在庫を抱えたくないので、値引きしてでも売ろうとするのです。

いわゆる「損して得取れ」ということです。しかし、新築の物件がグッと安くなればこれまで中古しか買えないと思っていた方も手が届くようになるかもしれませんので、やはり値引きは私たち購入する側にとっても嬉しいものだと言えるでしょう。

まとめ

仲介手数料について見てきましたが、いかがでしたか。本来「手数料」とはあまりいいイメージの言葉ではありません。どうしても銀行の引き出し手数料などを思い出してしまうからでしょう。銀行で営業時間外にお金を引き出すとき、「何で自分のお金を引き出すのに、手数料を払わなくてはいけないんだ」と腹を立てた経験がある方もいらっしゃるでしょう。仲介手数料という言葉も何だか嬉しい響きではありませんね。しかし、仲介手数料は本来きちんとした計算式で求められているものですし、それ自体は違法ではありません。できれば仲介手数料無料にしてほしいというのが本音ではありますが。