不動産会社での売買において、よくありがちなクレームとは?

もしかしたら通販などで説明に合ったものと違う、商品に傷があったなどの経験があるかもしれません。物件でもこのようなことがあります。住宅の買い物は人生で一番大きな買い物と言われているので、その分シビアに考える購入者が多いです。多いクレームは2つあり、物件の欠陥についてと仲介手数料についてです。これらのトラブルについて説明していきたいとおもいます。

物件を売った後に買主から欠陥があると報告される

中古物件を購入後に例えばシロアリがいた、雨漏りがひどい、雨漏りで柱や屋根裏が傷んでいるといったことが判明し、仲介業者に「聞いてない」「知らなかった」と連絡がくることがあります。それは購入前に情報が買主に伝わってなかったということもありますが、不動産会社が現状を把握できていなかったということもあります。というのも、売主がシロアリの駆除剤をまいたと言っていれば、契約前に実際に調査をせずに、仲介業者が買主に伝えた場合、実際に家の様子をみたらシロアリがいっぱいだったということがあったようです。一応、法律には実際に調査をしなければいけないことが定められているのですが、実際に調査をしていない業者が多いのが現状のようです。

このように実際に調査をせずに売主への聞き取りだけ行い、調査をしたとする業者もいます。このような、見学の時など契約前にはわからなかったが、購入後に判明した欠陥については売主に責任があると民法で定められています。引き渡しから3か月以内であれば、この法律は有効になります。その期間内であれば修理費用は売主が払うことになります。また適応となる欠陥の種類は雨漏り、建築の主要構造の木材の腐食、給排水管の故障、そしてシロアリの被害です。このような法律もあるので、信頼している仲介業者、売主であっても、確信が持てないのであれば一度きちんと自身で業者に依頼して調査をしてみるといいでしょう。

また、すべてのケースではないですが、仲介業者や売主と長期にわたって揉めるということもあります。せっかく新しい家に住むというのに長期で責任はどうとか、費用は誰が払うのかと揉めるのは避けたいです。契約前に確認できることはしっかりと確認するようにしましょう。

物件の購入時に、仲介手数料を上限まで請求される

仲介手数料はできるだけ安く抑えたいと思いますよね。家の買い物は最初の予算よりも高くなりやすく、抑えられる所は抑えたいものです。なので、仲介手数料に関してのトラブルは多々発生しています。仲介手数料は法律によって請求できる額が設定されています。しかし、この上限額でなければいけないということはなく、その範囲内で手数料を不動産会社と買主の双方で納得できる額を決めるべきです。また、上限の額よりも多い額を請求された場合はどのように計算して算出された金額かを説明を求め、納得できない場合、不動産会社にしっかりと伝えるようにしましょう。

また、この上限金額を請求しなければならないと考える不動産業者もいるそうです。そのような業者にあたった場合、同じくきちんとそうではないことを伝えられるようにしましょう。その上限額ですが、400万円を超える物件では「売買価格X3%+6万円+消費税」です。是非覚えておいてください!仲介手数料を請求されるもしくは支払うタイミングも法律ではどうなっているのか知っておきましょう。不動産会社に請求権が発生するのは売買契約が成立した時です。しかし、契約が成立しても物件の引き渡しまで完了していることが少ないので、多くの場合、契約締結時点と引き渡し完了時点の2回に分けて支払うことになってます。もちろん不動産会社が契約成立時に仲介手数料全額請求しても法律的には問題はありません。

しかし、引き渡しにどのような問題がでるかも分かりませんし、分けて払うことができないかなど、不動産会社に相談してみましょう。逆に契約が成立する前に、例えば他にいい物件が見つかって別で契約したいとなった場合、仲介手数料を請求できる権利は発生しません。

信頼できる仲介業者を立ててクレームを防ごう

クレームやトラブルを避けるためにはどうしたらいいのでしょうか。それには信頼できる仲介業者を立てることが大切です。とはいえ、どのような仲介業者が信頼できるのか知っておかないといけません。1点目に言えるのが、買主側に立って物事を考えてくれる業者を探すことです。その手掛かりになるのが仲介業者の数です。買主と売主それぞれに業者がつく時と、間に1つの業者が立つことがあります。

この間に1社が立つという場合、問題が起きた時にこの業者が中立的な立場をとってくれるかというとそうではありません。というのも、仲介業者にとって、どちらの方が付き合いがあるかというと、やはり売主との付き合いの方が長いでしょうし、もし今回の契約がダメになっても、次の新しい買主を探せばいいので売主の味方に立つ方が得策でしょう。実際相談に来る人の多くはこのような1社によって仲介された売買契約の買主側だそうです。また、営業担当者のチェックポイントもあります。これは信頼できる担当者を見つける上でとても重要です。例えば同じ不動産業者の中でも、人によって仕事に対する考え方は違います。買主のために物件を探してくれたり、相談にのってくれたりしてくれる人のほうが安心ですね。

ポイントとしては、専門用語など不動産に疎い人にはわかりにくい用語をさけて説明してくれるかどうか、理解してるかを確認してくれるか、物件のデメリットも説明してくれるかどうか、こういったことがあるとこちらも安心です。この他、約束の時間は守っているか、不動産のことについて勉強している様子か、もしくは分からないことでも「たぶん」で済まさず「調べて回答します」といってくれるかという点も重要です。

まとめ

仲介手数料に関するクレームとトラブルは後を絶ちません。引き渡し後に発覚した住宅の欠陥や仲介手数料の問題です。それを防ぐためには、こちらもある程度の知識を持つこと、信頼できる担当者や仲介会社を選ぶことです。簡単には紹介させてもらいましたが、インターネットを使えばより詳しい情報も見ることができます。今の担当者に少しでも不安や不満があるのであれば、トラブルを防ぐためにも、契約に向けて話を進めようとはせず、細かなことでも確認し、後悔が残らないようにしましょう。